尊敬する人、目指す人

| | カテゴリ : つぶやき | コメント(2) | トラックバック(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加  

自分が尊敬する人、目指す人は、かなり数が少ない。


日本で芸能人で言うと「北野たけし」ぐらいしかいない。
ようはマルチに才能がある人。


できれば身近で探したい。見つけて負けたい。
この人にはかなわない。と思いたい。と思っていた。


尊敬する人、目指す人の像は、以下になる

・誠実であり、真面目である
・努力家である
・周りから変人扱い、変人であることに喜びを感じている
・仕事は何でもやる
・会社を経営したことがある(出来れば海外で)
・英語をメインとし多言語が話せる
・経営学、経済学、会計学に興味があり勉強をしている
・株式投資をしている
・コンサルタントができる、またはやったことがある
・ディレクションができる、プロデュースもできる
・講師ができる、またはやったことがある
・数学、物理、化学、機械工学、天文学、建築、医療に興味があり勉強をしている
・パソコンやインターネットを使いこなす
・世界史、日本史、宗教に興味があり勉強をしている
・自分の家系などの歴史にも興味がある
・美術、芸術に興味があり勉強をしている
・あらゆるジャンルの音楽、映画などの娯楽に興味がある
・あらゆるジャンルの本、小説に興味がある
・死ぬまで勉強を続けようと思っている
・日本ではなく何かしら海外から評価を得ている
・徹底的な節約ができる
・何でもコレクターである
・・・etc


あげたらキリがないわけで。
なんでも知っている仙人みたいなひと。


それで10代の頃から上記のようなひとを探していたわけで。

いないな?。
音楽には興味があるけど経営学に興味がない。とか会社は経営しているけど天文学には興味がないとか。


う?ん。なんか面白くない。と思ってました。
もちろん自分ができるってわけではない。ただ負けたいだけ。かなわないと思いたいだけ。


20代後半になって気づいた。


全部網羅しているわけではないが、
近くにいるじゃないかと。しかも物凄い近くに。


それは、自分の父親だった。


周りからは変人と呼ばれているし、海外で独立、英語を軸に数言語話せる。
勉強は何でもやる。今でも勉強をやめていない。
あることで世界に認められた。


小さい頃、父親の部屋で学校の勉強しているとき、かなり嫌いでした。
部屋の壁一周、三国志の武将が並んでいたり、切手の収集が大量にあったり、ムカデの標本があったり、ロボットが途中まで出来ていたり、母親の似顔絵が書いてある油絵があったり、あらゆる国の紙幣がファイリングされていたり、何処の国から持ってきたのかわからない物があったり、中世のランプが置いてあったり。と

とにかく勉強しろ的だったので嫌いでしたね。
まあ、勉強しろと父親から言われたことはなかったけど。


会ったりすると聞いてもいないのに天文学の話をしたり、彼が好きなアインシュタインの話をしたりとそういうのが興味がない子供に相当苦痛になります。2時間でも3時間でも話してます。


元々海外出張が多かったので、物心ついたときには数年に一度会う感じになってました。現在は彼が念願住みたかった故郷で住んでいる。
2年前ぐらいに父親に会いに帰ったときに家が物に埋め尽くされていた。

しかも道に落ちている枝を見つけては「素晴らしい」と拾って家に持って帰って奇麗に掃除をして飾っていた。


強烈?!


でも目指していなのはここだったのよね。
皮肉なもんで自分の父親を想い、探していたみたいですね。


他の誰よりも父親にはかなわない、負けました。


父親のように何でも興味がある人になるよう生きていきたい。
できるだけ変人と呼ばれるようにならないと。


かなり偏ってますが・・・。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 尊敬する人、目指す人

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://takot.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/752

コメント(2)

こんにちは。
昨晩は、コメントありがとうございます。
本当は、前から気になってました「音楽関係、トランスなど」や「織田裕二のドラマ、お金がない 振り返れば奴がいる」などのコメントを書き込みにきましたが、更新された内容が興味深いので、難しすぎるので帰ります。(すいません、冗談です。)

私が尊敬する人は、この記事にもあります「アインシュタイン」です。「相対性理論」は、私の課題のひとつでもあります。
ご自身の父親から、詳しく聞かされているようなので、私が語っても意味ないでしょうが・・・。
私は、彼の「生き方」自体も好きなのです。
宇宙は簡単な数式で表現できる・・・それは、とても美しいものだ。
神は、サイコロを振らない。

こんな彼を当時の人々、特に宗教団体(ユダヤ)の人々は、「神への冒とく」と批難しました。宗教裁判にもかけられ追放されました。
でも、彼にも「神」は存在していました。この宇宙全体、地球、自然あらゆるものが「神」でした。
私は、そんな彼が大好きで、尊敬できるのです。

話がそれてしまいましたが、「この人にはかなわない!」と思える人が身近にいることは、素晴らしいですね。
それに気付くことも素晴らしいことだと思います。
私の場合、ひとりの会社の上司でした。
いろいろ勉強になりました。やはり、「この人にはかなわない!」と思える人でした。
おかげで、他の会社では、バカらしくて勤められなくなりました。(苦笑)
音楽の話は、またいずれ!


VEGA(ベガ)さんコメントありがとうございます。

アインシュタインは私も好きです。考えた、生き方どれをとっても素晴らしいです。
ただ同じ時代に生きていなかったのが残念なこと。父親もそう思ってます。

自分が思い描く、理想のひと、尊敬できるひとがいるっていうのはいいことですよね。
その辺あたりもVEGA(ベガ)さんのブログに書いて頂けるとうれしいな。

私もまた遊びに行きま?す。


コメントする

Insert Emoddy tag

画像の中に見える文字を入力してください。

プロフィール

Kamitani79
ニックネーム : Kamitani79
映画鑑賞、音楽、写真、ゲーム。地元・横浜をこよなく愛する( `・∀・´)ノヨロシク
自己紹介 :
このエントリーをはてなブックマークに追加

携帯サイト

つながり

  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ
  • あわせて読みたいブログパーツ
  • フィードメーター - Kamitani79-メロンとバナナとブログ
  • SEO
    loading
Creative Commons License
このブログのライセンスは クリエイティブ・コモンズライセンス.
Powered by Movable Type 6.2.4

最近のアクション

人気のエントリー

最近の写真・画像

空の写真

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Kamitani79. Make your own badge here.

このブログ記事について

このページは、Kamitani79が2008年8月31日 01:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「8月26日放送のクローズアップ現代を見て」です。

次のブログ記事は「Tポイントお持ちですか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。