Movable Typeで、値があるかないかを判断

| | カテゴリ : Movable Type , サイト制作 | コメント(0) | トラックバック(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加  

Movable Typeで、入力欄に値が入っているか、入っていないかを判断することができる。


これが結構使う場所が多い。


<MTIfNonEmpty>~</MTIfNonEmpty>を利用します。


利用が多いキーワードから導入するといいと思います。


ブログ記事のキーワードが、「値,ある,ない,判断」とし、ブログ全体のキーワードが、「Movable Type」とする。


並びをブログ記事のキーワード、ブログ全体のキーワードの順にする。
「値,ある,ない,判断,Movable Type」このように表示されればよい。
METAのkeywordsの設定だと以下のように表示。
<meta name="keywords" content="値,ある,ない,判断,Movable Type" />


ブログ記事のキーワードは、<$MTEntryKeywords$>で呼び出せます。


「<$MTEntryKeywords$>,Movable Type」といった記述になります。
METAのkeywordsの設定だと以下のようにします。
<meta name="keywords" content="<$MTEntryKeywords$>,Movable Type" />


ここで問題がブログ記事自体に、キーワードを入れなかった場合は以下のようにカンマがある状態で表示に。


「,Movable Type」


METAのkeywordsの設定だと表示は以下のように表示されてしまう。
<meta name="keywords" content=",Movable Type" />


カンマがいらない。


そこで、<MTIfNonEmpty>?</MTIfNonEmpty>を使います。


値が入っているときだけ、カンマを表示、値が入っていないときは、カンマを非表示。


「<MTIfNonEmpty><$MTEntryKeywords$>,</MTIfNonEmpty>Movable Type」


<meta name="keywords" content="<MTIfNonEmpty><$MTEntryKeywords$>,</MTIfNonEmpty>Movable Type" />


ブログ記事のキーワードが、「値,ある,ない,判断」の場合、
<meta name="keywords" content="値,ある,ない,判断,Movable Type" />


ブログ記事のキーワードに値が何も入ってなかったら
<meta name="keywords" content="Movable Type" />


になる。


めでたし、めでたし。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Movable Typeで、値があるかないかを判断

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://takot.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/772

コメントする

Insert Emoddy tag

画像の中に見える文字を入力してください。

プロフィール

Kamitani79
ニックネーム : Kamitani79
映画鑑賞、音楽、写真、ゲーム。地元・横浜をこよなく愛する( `・∀・´)ノヨロシク
自己紹介 :
このエントリーをはてなブックマークに追加

携帯サイト

つながり

  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ
  • あわせて読みたいブログパーツ
  • フィードメーター - Kamitani79-メロンとバナナとブログ
  • SEO
    loading
Creative Commons License
このブログのライセンスは クリエイティブ・コモンズライセンス.
Powered by Movable Type 6.2.4

最近のアクション

人気のエントリー

最近の写真・画像

空の写真

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Kamitani79. Make your own badge here.

このブログ記事について

このページは、Kamitani79が2008年9月17日 23:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Blu-rayの「レミーのおいしいレストラン」と「カーズ」を購入」です。

次のブログ記事は「今自分に見えていること」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。