Kamitani79: 2008年7月

月9のフジテレビのドラマ太陽と海の教室が面白い


学校ものだから特に新しさはないけど、織田裕二があつい


とってもクサイけど面白い。やっぱ織田裕二は、はずさないな。キムタクといいはずれが一本もない。


素晴らしい

Blu-rayのレンタルをしまくりです。


エラゴン
まあまあハイビジョン画質を堪能できます。音質はGood


ナイトミュージアム
まあまあハイビジョン画質を堪能できます。音質はGood


ブラッドダイヤモンド
結構満足いくハイビジョン画質。内容も面白い。ディカプリオの演技がとてもいい。音質はGood


デイ・アフタートゥモロー
まあまあハイビジョン画質を堪能できます。音質はGood


ナシュナルトレジャー2
まあまあハイビジョン画質を堪能できます。内容は面白い。音質はGood


魔法にかけられて
まあまあハイビジョン画質を堪能できます。内容は面白い。2Dアニメのキャラクタが現実世界へ。はちゃめちゃだけどハッピーエンドで見終わった後はすっきり。音質はGood


オーシャンズ13
まあまあハイビジョン画質を堪能できます。内容は普通。音質はGood


ラブソングができるまで
まあまあハイビジョン画質を堪能できます。内容は普通。歌っている曲がいい。音質はGood


ディパーテッド
まあまあハイビジョン画質を堪能できます。内容は普通。音質はGood


幸せのレシピ
まあまあハイビジョン画質を堪能できます。内容は普通の恋愛もの。音質はGood


イルマーレ
まあまあハイビジョン画質を堪能できます。内容は恋愛もの。結構好きです。音質はGood


ファンタステッィクフォー
結構満足いくハイビジョン画質。内容もまあまあ面白い。音質はGood


レディ・イン・ザ・ウォーター
まあまあハイビジョン画質を堪能できます。内容はおとぎ話だが独特の世界観で引き込まれます。面白い。音質はGood

街灯 [夏、昼]

| | カテゴリ : 写真 | コメント(0) | トラックバック(0)

街灯 [夏、昼]の写真です。


街灯 [夏、昼]

空、雲

| | カテゴリ : 写真 | コメント(0) | トラックバック(0)

空、雲の写真です。


空、雲1


空、雲2

Blu-rayを地元ツタヤにてレンタルしたとき店員に言われたこと。


「こちらはBlu-rayになります。再生する装置はお持ちですか。」


お持ちになっているから借りているのです。
これはこれはご親切にどうもです。


おじいちゃんじゃないのだから聞かなくても大丈夫じゃないのかしら


ちなみにゲオさんでは聞かれなかったです。

夏祭りの提灯

| | カテゴリ : 写真 | コメント(0) | トラックバック(0)

夏祭りの提灯の写真です。
美しいです。こういうのは日本が素敵


夏祭りの提灯

夜空

| | カテゴリ : 写真 | コメント(0) | トラックバック(0)

夜空の写真です。


夜空

仕事をやる上で、人とのネットワークはとても重要なことなのは誰でも知っている。

短期間でその会社或いはその担当者が信用できるのか判断しなくてはならない場面が多々ある。

自分はとても不得意分野である。
どうにかして克服しようと思っているわけで。
数をこなし人の話し方やしぐさを分析するしかない。


今のところの分析では、
殆どの人は信用できる人が多くその後の仕事も特に問題はない。


その中でこの人怪しいなぁ、気をつけないといけないなぁ、
と思ったのは以下のようなこと。




初めて会ったときにお金の話を持ってくる。
上手い話には裏があると言うが、この手を使う人がいる。

「月100万売り上げがあれば利益が20%で10%が御社の利益。
それが毎月10%伸びて行けばいいですよね。」

的な話し方。商談の話であればごく普通の話だが、怪しく仕事が上手く行かないケースが多い。


なぜか。


日本ではお金より信用の方が重要度が高い。
仕事ができる人、商談がうまい人は信用ができるなと思ってからお金の話をする。
とても無駄がない。ようは頭を使って考えて話をしているということ。


お金から話す人はその話をすれば相手が気持ちいいことを知っている。
だから商談をしやすくするためお金の話をする。
しかし、相手はそんなのは知っている。
お金から話す人は頭を使っていない、考えないということ。本人は自分はできる、頭がいいと思っている。


よって信用はされない。本人は相手が悪いという。
永遠に不のサイクルが行われる。


共通点は、職権乱用する人、人をなめている人、人の話を聞かない人、他人より優れていると思っている人に多い。




商談で決めた話とは別の話を持ってくる


話が異なるようなことは当然起こりうるわけだが、
話の持っていき方ひとつで信用がなくなり、元々決めた商談はまったく進まないということがおきてしまい、目的、目標がいつの間にかなくなってしまう状況になる。
恐ろしいことです。


商談で決めた話に近い話を持ってくる場合は特に問題はないが。まだ目的目標はずれていない。元に戻すことはできる。


問題はまったく違う話を持ってくること。しかも当たり前に話をする。
すでに目的目標がずれている。ずれ幅大きいので元に戻すのに時間がかかり、時間が経てば困難になる。


できる人、人間ネットワークがある人は目的目標があった人に仕事や話をふる。
ようは頭をつかって考えて行動をしている。


目的目標がずれているのにその話をしようとは思わない。もしその会社しか方法がないとしたならばまずは人間ネットワークを再構築する。それでもない場合ずれていることをその会社に説明をし次の仕事には元々の目的目標の仕事を行うと話をする。
悪いな?と思う気持ちが出てくるので前置きが少し長くなる。


商談の話と違う話を持ってくる人は、当然別件があり、でも仕事を振ってるんだからやるよね。的な話をする。しかも前置きが少ない。急にさめてしまい信用度も急になくなる。


本人は全然問題ないと思っている。当然目的目標がずれているわけだから断られる。
本人は仕事を振っているのになんで?断る方が悪いと判断する。なので人間ネットワークは広がらない。信用もされない。不のサイクルが行われる。


共通点は、やはり職権乱用する人、人をなめている人、他人より優れていると思っている人に多い。




最後は怪しい人を紹介する人

簡単に言えば、怪しい人は必ず怪しい人を紹介する。

人を紹介するのは簡単だが、非常に大事なことだと自分は思っている。
紹介する人で紹介した信用度が上がるか下がるかものすごい左右される。


自分は紹介でやった仕事は少ないけどいくつかある。

Aの紹介で、Bの会社の名前で、Cの会社に行く。
Cの会社がBの会社を信用し、Bの会社がAを信用し、Aは自分を信用する。どれかが崩れると成り立たなくなる。

派遣というか請負という内容。よくある話。


もし仕事ができない人をAが紹介し、Bの会社の名前で、Cの会社に行った場合、
何か問題が起こせば、Cの会社はBの会社を信用しなくなり、Bの会社はAを信用しなくなり、Aは紹介した人を信用しなくなる。紹介をされた人は誰からも信用がなくなる。

といった具合になる。

良い人を紹介する人は、信用できる人、周りに迷惑をかけない人を頭を使って考えて紹介する。


怪しい人を紹介する人は、信用できなくてもどうでも良くて、周りがどうなってどうでも良いけど、紹介する。頭を使わないし考えもしない。紹介したんだから有難いと思えという。


当然紹介された方は、怪しいのでその紹介された人を断る。
紹介した方は、断った人が悪いと思い、今後紹介や仕事振らないよなどとほざく。
よって信用がなくなり、人間ネットワークは形成されていかない。
不のサイクルが行われる。

共通点は、やはり職権乱用する人、見た目が怪しい人、年齢にあった服装をしていない人、人をなめている人、他人より優れていると思っている人に多い。




まだまだあるけどここまでにします。


危ない人や怪しい人には気を付けましょう。
そして生きている以上、常に頭を使い考えて生きていかないといけないですよね。


頭を使わない、考えもたくない人が増えている感じがするけど、気のせいかしら。

ついに地元のツタヤでもBlu-rayのレンタルが始まりました


TSUTAYA、7月19日からのBDレンタル全国展開を紹介ということで、もしやと思い、地元のツタヤへ。


おう始まってるじゃないですか。
しかも、「ブレードランナー」がレンタルしてるじゃないですか。さっそくレンタル。


いい感じ?

「失礼ですけど」をやたらと使う人が多くいる。
この言葉を使えば、どんなことを聞いても言ってもいいと思っているのだろうか。


面白いことにこの「失礼ですけど」を使う人には共通点があった。
人が悪い人、仕事が出来ない人、職権乱用する人、人をなめている人に多く見られる。

逆を言えば、思いやりがある人、仕事が出来る人はこの言葉を使用しない。
何故ならこれを言われたら嫌な気分になるしその後続く言葉は本当に失礼だから。


やたらと「でも」、「だから」を使う人と一緒です。


何処で覚えたのでしょうか。非常に悪く汚い日本語です。

「失礼ですけど、この言葉を使う人は人間のクズです。」
言われて許せますか?こんなことを言う人が仕事できると思いますか?

最近やたらと自分と同年代で、対応やら態度やら悪くてびっくりしまくりです。
嫌なところを見ている訳ではなくただ悲しくなるだけです。


例えば、
Aさんは50代。Bさんは私と同じ20後半から30前半。
AさんとBさんは初対面。仕事の話で会っている状況。

話をしていく中、BさんはAさんの仕事の内容や対応に高評価だったらしく、
そこで出た言葉が、「Aさん、いいっすね」


なんじゃそりゃ。私に対してならいいですけど、年上ですよ。
頭おかしいんじゃないかと思いました。

他にもびっくりすることが、
Cさんは、30代前半。とりあえず誰に対してもタメ口。Dさん今年30歳。同じくタメ口。
共通点は20代はバイト生活。わけがわからない。
「誰に対しても敬語で話しなさい」っと言われてきてないのだろうか。びっくりです。


さらにDさんは、仕事は出来ないけど金はくれ。目標はエコ。
意味がわからない。エコはとてもいいことだと思う。
じゃ、何かエコ活動しているかと尋ねると何もやっていない。意味がわからない。どうしたいのか。Dさんはサイトを持っているので見てみるとエコのことが書いてあった。

活動し始めたのかと思って期待していたら、
「エコの商品はビジネスになっていて本当にエコ活動しているのだろうか。
どうしたものだろうか。」


えっ!終わりみたいな。
そんなこと考えてる暇あったら仕事しようよ。

もう一個。
Eさんは、おそらく30代前半。女性。
あるサイトに掲載したいからといって。営業に来てくれた人。

話を聞いても良くわからないし、そこまで有名でもないサイト。
検討さしてくれって言うと。「なんで?、こんなにいいのに。今日、上に報告しなきゃいけないので。こんなにいいサイトなのだから断る理由はないですよね。今決めてください。」みたいな。


意味がわからない。
なぜもっと交渉しない。なぜもっと待てない。なぜふてくされる。


お帰りになられてからEさんの方からメールが。「上に報告するのやめました。残念です。」みたいなことが書いてあった。


びっくりです。こちらはまだ検討もなにもしていないのに、Eさんの方から断って来ました。


まだまだびっくりすることがあり。どうしてしまったの同じ世代よ。
事件を起こさないで。と祈りたい。

壊れたBOSEのヘッドフォンが戻ってきました

BOSEのヘッドフォン


一週間での復帰。対応が素晴らしい

E3

| | カテゴリ : ゲーム | コメント(2) | トラックバック(0)

先週、毎年恒例のアメリカのゲームショー「E3」がやっていました。


XBOX360を持っていて、最新のゲームの映像とかを配信してくれるので、
E3には行ってないけど、リアルタイムで情報を共有できるのは非常にいい


スクウェア・エニックスが欧米だけだけど「FINAL FANTASY XIII」をXBOX360でも発売することが日本ではとてもいいニュースだったのではないでしょうか。

PS3独占じゃなかったんじゃないですか?
PS3だけじゃやばいと思ったのかマイクロソフトの営業が頑張ったのか。
前者だと思うけど。判断はかなり遅いと思うけどいい傾向ですね。


SONYはやばいね。いったいどうしたんでしょうか。
映画をPS3で配信するって。アピールしてたけど、
でもそれってマイクロソフトが先にやってますけど。
何も新しいことをやっていない。映画をダウンロードして、それをPSPに転送。
アップルもiPodを使ってすでにやってますよね。


このところのSONYがなんかいまいち。全部後追い。
新しいことに挑戦していたSONYは、いったい何処に行ってしまったのだろうか。
日本人として好きだったのに。


頑張ってSONY

最近はまっているモンスターエンジン


第一回から見ている荒い芸の番組「あらびき団」にて出てきたモンスターエンジン。


私は神だ


暇をもてあました神々の遊び

<!--モンスターエンジン-->


消されちゃうかな。

引き続きGoogle Analyticsの解析結果。英語に比べたら優先度が二番目の中国語、次にロシア語、日本語を地図上のデータと検索エンジンシェアを間単に紹介。


まずは、地図上のデータ。順に中国語、ロシア語、日本語になります。


Google Analytics地図上のデータ(中国語)


Google Analytics地図上のデータ(ロシア語)


Google Analytics地図上のデータ(日本語)


中国語、ロシア語、日本語ともに、各国ごとからアクセスがあることがわかる。
よりアクセスが増えるよう対策を行う必要がある。




次には、検索エンジンシェア。順に中国語、ロシア語、日本語になります。


Google Analytics検索エンジンシェア(中国語)


Google Analytics検索エンジンシェア(ロシア語)


Google Analytics検索エンジンシェア(日本語)


中国語は現在のシェア率は百度(Baidu)が1番だが、アクセス解析では3番手である。改善をする必要がある。ロシア語も現在のシェア率はYandexだが、アクセス解析では2番手である。こちらも改善をする必要がある。最後の日本語は特に対策をとっていなし、海外に比べたら難しくないのでどうでも良いのだが、シェア率とアクセス解析は一致しておりYahoo!、Googleの順である。


色んな角度からデータが取れるので、非常にマーケティングに役に立つ。
Google Analyticsを是非活用してみてくださいな!!


フランス語とスペイン語のサイト制作(翻訳がメイン)とSEO対策を行う予定だが今は話が流れている。話が進んでデータが取れたらこのブログに載せます。
・・・やらない可能性が高いけど。

Google Analyticsを利用してアクセス解析の紹介をしているサイトはたくさんある。日本人が作成した日本語のサイトが殆どなので、わたしは英語のサイトを紹介してみようと思う。


中古車の貿易サイトの英語版のアクセス解析を紹介します。

いくつか目標キーワードを決め、サイトを構成し、基本的なSEOのみを行ったサイト。
競合サイトはたくさんある。カービューや中古車輸出ビジネス大手「アガスタ」、日本中古車輸出業協同組合の加盟会社さんなど。


2008年3月1日?3月31日のデータになります。


Google Analyticsデータ


それほどアクセスがある訳ではないことがわかる。まだまだサイトへの流入を増やす必要があることがわかる。


ここで重要なのは、「直帰率」である。一番最初にサイトを訪問してそのページだけを見て見るのを止めてしまった率である。この数値が低ければ低いほどサイトの中身を見られていることになる。

平均サイト時間や平均ページビューも多ければ多いほどいいわけである。




次にどこの国からサイトにアクセスしているから見てみる。


Google Analytics地図上のデータ


緑の色が濃い程そこの国からのアクセスが多いということになる。アメリカやカナダ、イギリスなどからが多く、次いでオーストラリアのアクセスが多い。日本からのアクセスも多いが目的は、英語圏なのでどうでも良いのであまり関係がない。(より日本からのアクセスを少なくする必要はある)


このままアメリカのアクセスを伸ばすことと、インドやヨーロッパからのアクセスも増やすことも課題となる。




次にどの検索エンジンを利用してきたかを見てみる。


Google Analytics検索エンジンシェア率


検索エンジンシェア率同様、Google、Yahoo!、msn(live)の順である。少数だがaolやaltavistaを利用していることもわかる。




次に検索エンジンからどのキーワードでサイトにアクセスをしてきたのか見てみる。


Google Analytics検索エンジンキーワード

基本は、「Japan」や「Japanese」と組み合わせキーワードが多いことがわかる。
これは物凄い重要であることを言いたい。

日本では「中古車」という言葉で検索エンジンを利用するとき、その言葉自体が日本語なので、「日本にある中古車」と「日本で買う・売る中古車」と何も考えずに必然的に日本という国である。と思ってしまう。


これをそのまま、海外へ利用することは出来ない。出来るのはブランドを確立している言葉のみ。簡単に言えば、「中古車」に、「日本の中古車」、「中古車を日本から送ります」など「日本」という言葉をつけてあげれば言いだけ。

この理屈がわからない人多いのよね。非常に簡単な理屈。


また「中古車」は普通なら「used car」となると思うが、海外ではこのような言い方はあまりしない。これを知っているか知らないかで大きく差がでる。


わたしは、必ず外国に住んでいる外国人に確認をする。または海外生活が長い日本人の方に聞く。日本に住んでいる外国人は日本よりの解釈をす可能性があるのであてにならないし、海外に住んだことがない日本人に聞いても勉強のみの知識しかない。もちろん留学のみの人にも聞かない。ビジネスを知らない人に聞いても意味がないでしょう。時間の無駄です。


確認をして「Vehicles」や「Secondhand Cars」という言葉を利用することがわかったので、この言葉を利用した。意図したキーワードで、アクセスがあることがわかる。

このキーワードでサイトが増えるよう対策を行う必要がまだまだある。



最後にコンバージョンを見てみる。


Google Analyticsコンバージョン


今回はお問い合わせの数のカウントで、外国人がどの車が欲しいかというオファーメールの数になります。


3月は31日あるので、1日一回はお問い合わせがあったことになる。
このお問い合わせの数を増やすことの努力、改善を行う必要がある。


以外に外国人からのオファーを取得するかっていうこと自体が出来ない人が多い。
なので組合やらに加盟してそこからの情報を頼ったりするケースが多い。

Google Analyticsのアクセス解析は、まだまだ色んな角度から行うことが出来るので是非利用してみてください。また、鎖国の考えのもとでの日本語サイトだけでなく他言語でサイトを構築してみたらと思う。鎖国の時代じゃないですよ。

Googleが提供する、高機能な無料アクセス解析ツール。


Googleアカウントを取得すれば、誰でも無料で利用することが出来る。
月間アクセス500万ページビューの制約つきだが、そこまでのアクセスがない場合は十分である。


ログは2年分は残してもらえる。PDFやCSV、XMLにエクスポート出来るのでこまめに行うか、別のアクセス解析ソフトと併用することをオススメする。


サイトと登録して、Google Analyticsが発行するタグを、自サイトの<body>?</body>タグ内に貼り付ける。


基本は、</body>のすぐ上に貼り付ける。


導入のメリットは、「Urchin」という企業向けの高機能なアクセス解析ツールをベースに作られていること。導入が簡単。高機能。数値の表現がわかりやすい。どこのページを最後に見たのか、どれくらいの時間サイトにいたのか、サイトの中をきちんと見られているのか。などなど。分析するには申し分ない昨日が入っている。


さらに特徴として、コンバージョン設定が4つまで出来ること。
これは非常にありがたい機能。例えばお問い合わせの数をカウントしたい。また商品購入した人をカウントしたい。など目標値を定め計測が出来るということ。


お問い合わせを完了せずに、途中でやめてしまった人もカウント出来る。
お問い合わせページに来て、お問い合わせをやめたということは、そのお問い合わせのページに問題がある可能性がる。説明が悪かったり、入力する項目が多すぎたりなどを改善の要素を見つけ出すことも出来る。


是非一度利用することをオススメしたい。

どうせなら良い画質で見たいってことで、アースをBlu-rayで買いました。


アースとレント「Blu-ray」


合わせて、ミュージカルの映画版「レント」も買いました。


社会派のロック調ミュージカル


本場ブロードウェイではミュージカルを見たことがないので、いつか見に行きたいものです。


男でミュージカルを見る人が少ないのは何でだろう。話す人少ないんだよね?。
女性は多いのでミュジーカル話は盛り上がる

ワンコと寄り添うクマ。


ワンコと寄り添うクマ1


いい表情してます


ワンコと寄り添うクマ2

BOSEのヘッドフォンが壊れた

BOSEのヘッドフォン


2万バナナBOSEのヘッドフォン


カバンにしまおうと思ったら「パキッ」と音がして壊れた


軽さがお気に入りだったのに。音質はジャンルを問わず聞くわたしにとっては普通に満足だったのに。2?3週間ソニーのインナーイヤホンで我慢です。


とりあえず、修理に行かれました

NDA

| | カテゴリ : つぶやき | コメント(0) | トラックバック(0)

NDAは、Non Disclosure Agreementの略。

日本語で秘密保持契約。普通に秘密保持契約と使うもんだった思って訳だが、
NDAの一般的だったのね


本当知らないことが多すぎる

親をはじめ、学校の先生、友人などに「本を読みなさい」と子供の頃から言われきた。
ずーーーーーーーっと納得がいかなかった。


本は色んなことを学べるし、言葉を知ることも出来るし、考える力もつく。
でも「本を読め」ははたして正しいものだろうかと。


何が気になるかって「を」の部分である。


わたしにとっては「本だけが良い」にしか聞こえない。


「も」ではいけないのだろうか。


・本を読むこと「も」必要
・新聞を読むこと「も」必要
・インターネットを見ること「も」必要
・テレビを見ること「も」必要
・ゲームや映画、音楽、ミュージカルなど見たり聴いたりすること「も」必要
・スポーツをすること「も」必要
・人と会って話したり聞いたりすること「も」必要
・実際に現場に行って自分の目で見て触れて、感じること「も」必要
...etc


基本的に、情報を整理する能力や考える力、人として問題なければよくて、
どの手段をとっても同じ能力が身に付けば良いのではないか。

こんなこと当たり前なのだが、すべてを凝縮して「本を読め」になるらしい。
この世のすべてが「本を読む」だけで解決するならば、そりゃ読みますよ。


もちろんテレビやインターネットがない時代のときは、新聞や本が情報を集めたり考えたりする手段として大きく機能していたことは否定はしないし間違っていたとは思わない。
だからといって過去の手段だけが正しいとも思わない。


今は、インターネットを情報収集の手段としての役割が大きくなってはいるが、
インターネットではない情報収集の手段が出てくれば、それは手段としてまた利用すればいい。


だから本「も」読めが正しくないですか。


以上屁理屈でした。

「失敗を恐れず、失敗しても何でも起き上がるよ。
普通は失敗を恐れるから、並の男じゃないよ、あんたは。」


とある人に言われたことがある。


ほぼ合っている。わたしは失敗を恐れはしないが失敗は多い。


何かに失敗しても生きなくてはならない。マイナス思考になっても。
失敗して多くのことは学べる。でも精神的にまいる。とわたしは思っている。


わたしは、プラス思考だが、失敗をして立ち直るまで、
1年はマイナス思考である。最近は2年ぐらいマイナス思考。


生きるということは難しい。
出来れば失敗ばかりではなく、上手く行くことも願いたい。

こうやって生かされている以上、前に向かって生きるしかない。

SEO SEM Technique vol.5を買いました。


SEO SEM Technique vol.5


この手の本や雑誌は結構読んでます。
ただWebサイトを作ってもなんにも面白くありまんせんから、作るのとマーケティング両方を行えた方が面白い。(ただWebサイト制作をしている人にはわからない話ね。だって分析嫌いでしょう?)


今家にある参考書や雑誌だけ、ざっと並べてみた。
SEO SEMの参考書や雑誌


もちろん読むだけでなく、情報商材を買ったりセミナーも結構行ったな。

SEO SEM Techniqueの中で、メディアネットジャパンの鈴木氏が出ています。
自分は、コンサルしてもらったりセミナーも結構行きました。


鈴木氏の情報が割と正確であることがよくわかります。
彼はあくまでもコンサル業、セミナーで集客してコンサル。そしてぶれない。


これだけ情報が飛び交うのに鈴木氏の情報が割と正確であるかと言うと、セミナーやコンサルで顔が出ている。書籍には顔が出ている。本名で書籍を出している。英語が話せる。Google本社に行ったことがある。英語圏のSEO、SEMを知っている。Yahoo!Japanの社員と対談をしている。SEO、SEMを仕事としていない。あくまでもコンサルタント。経営やマーケティングを熟知しているし、中小企業をよく理解している。


インターネットで、SEO、SEMを語っている人たちは殆どがセミナー、書籍程度である。エンジニア上がりが多い。そして裏づけが非常に少ない。自分にとってのメリットでしか物事を考えない。中小企業を救おうとか皆がハッピーであって欲しいとかはあまり思っていない。(独り言。屁理屈。)


一度彼のセミナーを受けることをオススメします。
彼の人柄や熱意がとても伝わってきますよ?
メディアネットジャパン


もちろん彼だけの情報に頼っている訳ではありません。

B'zのベストをツタヤツタヤに借りました。


B'z The Best ULTRA Pleasure


8年ぐらい聞いていなかったので、お久しぶりってな感じ
特に新しさもなくエアロスミス的に安定しています


普通にB'zですよね


たぶん数回聞いて聞かなくなるでしょう。


懐かしさに浸ります

Yahoo!Japanは、2008年7月3日、Yahoo!Japanの検索エンジン(YST)のインデックス更新を発表した。インデックス全体更新を行われることで、順位変動が予想される。


35日ぐらいの周期で、更新が行われるYST。
SEOを考慮したWebサイト制作会社は少数しかないのでWebサイト制作会社にあまり関係はないが、SEO会社やインターネットで商売をやられている人には、ヒヤヒヤしまくり


何かが、上がったり下がったりするのは、人間社会では当たり前のことだが、インターネットの世界でも同じ。これを認めない人たちがたくさん存在する。


検索結果の順位で上位に上がれば、誰かが順位が下がる。順位が下がれば、誰かが順位が上がる。当たり前のこと。


日本人だけなのか、順位が上がったときは何も対策を行ったり、疑問には思わない。
しかし、順位が下がったら何か対策を取らなければ行けないと思い、急になぜ順位が下がったのか分析し始める。簡単に言えばどちらも対策を行わなければならない。


どちらも行っている人は、順位に惑わされないし商売にも影響は出ない。ごく簡単な法則。やることは頭を使うこと。考えること。行動すること。


これが出来ない日本人が最近多いんだよね


例えばこんな感じ
頭は使わない。考えもしない。行動もしない。順位が下がるのはおかしい。自分はやらないから誰かやって。お金は出さない。Yahoo!がおかしい。Yahoo!はいいやGoogleだ。Googleからアクセスがあるのに注文や問い合わせが来ない、何故。わからない。
でも頭は使いたくない。考えたくもない。行動もしたくない。お金も使いたくない。やっぱり日本ではYahoo!なのか。でも自分のサイトだけ順位が下がるのはおかしい。
そうだ、リスティング広告だ、広告を出すのにこんなにお金がかかるのならお金をかけたくない、ふざけるなYahoo!。自分のサイトだけ順位下げやがって?。何もやっていないのに。う?ん、でも考えたくもない。行動もしたくない。お金も使いたくない。


みたいな感じ


順位が下がるのは悲しいよね。頭を使って考えて行動しまひょう


下がったときは、「Usher」の「Love In This Club」でも歌いましょう


In This Club?、In This Club?、In This Club?


Yahoo!スタッフブログ
Yahoo!検索 Index Update

何が好きなの?って聞かれたらとりあえず「映画」って答えてしまうあたし


毎週のように映画をレンタルするので、そういえば、ツタヤがネット宅配レンタルをしていたな?と思い、会員になってみました。


ツタヤのネット宅配レンタル


無料お試しキャンペーンもあったけど、Blu-rayをレンタルしたかったので、そのまま有料会員へ。


月額1,974円/月8枚までのAプランにしました。


レンタルしたの物は割と早く届きました


次レンタルするのを、予約だけしておいて、返却を行えばすぐに予約したのが来るらしい。

これは便利


地元では、ワーナーしかBlu-rayのレンタルをやっていなかったので結構いい感じです

プロフィール

Kamitani79
ニックネーム : Kamitani79
映画鑑賞、音楽、写真、ゲーム。地元・横浜をこよなく愛する( `・∀・´)ノヨロシク
自己紹介 :
このエントリーをはてなブックマークに追加

携帯サイト

つながり

  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ
  • あわせて読みたいブログパーツ
  • フィードメーター - Kamitani79-メロンとバナナとブログ
  • SEO
    loading
Creative Commons License
このブログのライセンスは クリエイティブ・コモンズライセンス.
Powered by Movable Type 6.2.4

最近のアクション

人気のエントリー

最近の写真・画像

空の写真

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Kamitani79. Make your own badge here.

このアーカイブについて

このページには、Kamitani792008年7月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはKamitani79: 2008年6月です。

次のアーカイブはKamitani79: 2008年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。