映画の最近のブログ記事

Blu-ray版「風の谷のナウシカ」をを購入。

Blu-ray版「風の谷のナウシカ」を購入。

ジブリ作品として「崖の上のポニョ」の次のBlu-ray化。


1984年と年数が経っているいるのにも関わらず、この画質。


素晴らしい。の一言です。

Blu-ray版「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」をを購入。

Blu-ray版「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」を購入。

やっと発売されました。


これで何回も見れます。


特典映像が多いBlu-ray版がオススメですね。


見るたびに泣けてきます。

Blu-ray版「崖の上のポニョ」をを購入。

Blu-ray版「崖の上のポニョ」を購入。

やっとBlu-ray版が発売されました。


DVDで十分な高画質もあり、Blu-ray版ではそれ程インパクトはありませんが、ジブリ作品らしい柔らかい絵心がある画質になっています。完全版な感じです。エヴァ程、シャープな高画質とは感じれられない。


アニメのジブリ作品として初のBlu-ray。


過去の作品もBlu-ray化をお願いします。

ポニョのシールブック

ポニョのシールブックが付いてきました。


ポニョのタオルマフラー

さらにポニョのタオルマフラーも付いてきました。

Blu-ray版で「スラムドッグ$ミリオネア」を見ました。ツタヤでおレンタル。


ムンバイの中にある世界最大規模のスラム「ダーラーヴィー地区」で育った無学のジャマールは、テレビの人気クイズ番組「クイズ$ミリオネア」に出演するが、次々と問題をクリアし、最後の問題まで来るが疑いをかけられる。なぜ「クイズ$ミリオネア」に出演することになったのか過去から現在まで振り返って行く・・・。


まったく期待をしていなかったが、予想を上回る面白さ。というより今年見た映画の中で一番面白かった。純愛ではあるが、インドの社会問題を真正面から取り扱う社会派ドラマでもある。


展開の仕方がよみにくいのもあって、どんどんストーリーに吸い込まれていきます。


パッケージからはその良さが伝わらないのがもったいない。


今年オススメの一本です。
何度でも見れる映画がまたひとつ増えました。


「スラムドッグ$ミリオネア」予告編

もちろんBlu-ray版で「天使と悪魔」を見ました。ツタヤでおレンタル。


ダン・ブラウンの小説「天使と悪魔」の映画化。「ダ・ヴィンチ・コード」に引き続き、監督はロン・ハワード。ローマのバチカン周辺で物語が展開、宗教の要素が多い。


歴史的要素と宗教というところで、この手がある程度好きでないとわからないまま放っておかれ話はさくさく進んでいきます。逆に言えばスピーディな展開なので退屈にはならない。


「ダ・ヴィンチ・コード」同様、ダイナミックなオーケストラと合唱団の音楽。シリアスなサスペンスの展開を演出。これがはまるのよね。


映像、音質ともにハイビジョンを堪能できます。音質には特に満足できます。


なによりトム・ハンクスの演技がいいです


「天使と悪魔」予告編

2009年10月28日(水)より全世界同時公開、映画「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」を見てきました。


冒頭から来るものがありました。


本作でしか見れないリハーサル風景。スクリーンにマイケルがいます。今そこにいる感じがします。


音楽に対する想い、本ステージに対する想い、スタッフに対する敬意、観客を楽しませようとする想いがひしひしと感じます。超一流のエンターテイナーであることは間違いない。


感動は色んな場面で来ます。


スラッシュのように、ブルースを軸とし魂と本人でしか弾くことができないスタイル、カリスマ性のあるギターリストばかりではない。


メンバーのギターリストに助言をするマイケル。一言二言がギターリストの良さを引き出し、盛り上がるような演出に仕上げる。Σ( ゚Д゚) スッ、スゲー!!よマイケル。ところどころ演出をしている場面が。


そしてただただ、かっこいい、(・∀・)スースキスースキスー♪


スクリーンならではの臨場感があります。期間限定のため是非この機会に。


少し音がちょっと小さかったのような、テレビ音量でいうと後+1か、+2ぐらいがちょうどいいんじゃないかな。っと。


マイケル・ジャクソン THIS IS IT JAPAN TRAILER

Blu-ray版「GOEMON(ゴエモン)」をおツタヤで借りて見ました。


紀里谷 和明監督、「CASSHERN(キャシャーン)」からの2作目。


石川五右衛門を題材、独自の世界観が入った時代劇。


セットや衣装など、日本というより、色んな国の要素が入ったデザイン。建物は特に面白い。映像も赤色、青色、緑色など、シーンによって違う色表現をしています。ハリウッドっぽいです。内容はまあ面白いです。「阿修羅城の瞳」ぐらい面白いです。新しい手法で表現する新・時代劇ですね。


後半の戦闘シーンのカメラワークも凝っています。「300」を日本風にするとこうなるみたいな感じです。カムイのときもそうでしたが、飛ぶときや着地したときの重力や動きが変です。この辺がクリアされるともっといいのになぁと思います。。。


Blu-rayである画質は、今の日本の作品では珍しくハイビジョン画質を堪能できます。夜や暗いシーンが多いですがとても鮮明です。ハイビジョンを堪能できます。


GOEMON(ゴエモン) 予告編

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック

素晴らしい すごい とても良い 良い

DVD「チェイサー」をおツタヤで借りて見ました。


韓国を震え上がらせた、2003年9月から2004年7月までの10ヶ月間に、21人を殺害したとされるたユ・ヨンチョル事件。この事件を題材にした映画「チェイサー」。


レオナルド・ディカプリオ&ワーナー・ブラザーズのリメイクも決定。


実話を元にしているだけあって、とてもリアルです。ドキドキできます。
とても久しぶりのドキドキ感です。来たね。日本やハリウッドにはない韓国ならではのタッチ。見事です。素晴らしい。

R-15指定ですがこの年頃で見てたら眠れなくなるかもしれません。


チェイサー 予告編

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック

素晴らしい すごい とても良い 良い

Blu-ray版「ワイルド・スピード トリロジーBOX」を購入。

Blu-ray版「ワイルド・スピード トリロジーBOX」を購入。

マトリックスのBlu-rayBOXに続き、ワイルド・スピードを。内容はカーアクションです。3のTOKYO DRIFTがとても好きです。


そしてこれでようやく、HD DVDからBlu-rayへの移行が終了しました。本当の意味でHD DVDが過去のものになりました。また、Xbox360用HD DVDプレーヤーの役目も終わり眠ることに。


せっかくなので次世代メディアと言われた両メディアを並べてみました。

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT Blu-ray VS HD DVD1


ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT Blu-ray VS HD DVD2


パッケージ、ディスクともHD DVDの方がいいんですけど。

DMM.TV for Blu-ray Discが届きました。

DMM.TV for Blu-ray Disc


PS3にDiscを挿入するだけで、OK。


無料サンプルもあるので画質もチェックができます。検索も充実。
SDのみなのでHDのサンプルも用意して欲しかったです。


その場で、レンタルできるのはいいかもしれません。

当たり前ですがBlu-ray版の「レッドクリフ Part 2」を購入。


Blu-ray版「レッドクリフ Part 2」を購入


普通に面白かったですね。前作を見ていない人への配慮など作品の丁寧さが伺える。


滑らかに止まらない映像表現は、さすがジョン・ウー監督という感じ。


日本にはない、「間」は美しい。


特典映像はインタビューだけだったのでちょっとさびしい。
メニュー操作がDVDちっくなのでつまらない。ビックタイトルなので拘って欲しかったです。ワクワクさせて欲しいです。


画質は戦闘シーンにてハイジョンで良かったと思えるぐらい際立っています。

「レッドクリフ Part 2」予告編

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック

素晴らしい すごい とても良い 良い

Blu-ray版「DRAGONBALL EVOLUTION」をおツタヤで借りて見ました。


色々と言われていますが、個人的には結構楽しめました。
原作に忠実ではないが、近い感じを表現しているとは思ってます。


実写映画化にあたってプレッシャーは物凄かったと思います。


何より、子供のときに、漫画、テレビと育った私にとって、実写化を願っていたので実現したのは嬉しい。


特典映像で、悟空役のジャスティン・チャットウィンのインタビューで、質問する方も答える方も「漫画(マンガ)」として話していたので、嬉しいものです。「ガチャガチャ」と一緒です。リスペクトを感じます。


希望は日本で実写化をして欲しいものです。


画質は20世紀フォックスだったのでそれなりにハイビジョンを堪能できます。最近のワーナーやパラマウントに比べていまいちハイビジョンをアピールできていないように感じます。普通です。最近の映画だしもう少しギラギラしてても良かったのではないかと思ってます。

<!--DRAGONBALL EVOLUTION 予告編-->
DRAGONBALL EVOLUTION 予告編

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック

素晴らしい すごい とても良い 良い

Blu-ray版「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」をおツタヤで借りて見ました。


「セブン」「ファイト・クラブ」に引き続き、デヴィッド・フィンチャー監督とブラッド・ピットのタッグ。安定感があります。


ストーリーがどこかで聞いたことあるような内容ではあります。おとぎ話に近いです。
激しい展開はありませんが、もっと見ていたい感があります。


Blu-rayである画質は、それほどハイジョンを体験はできません。いたって普通。
ギンギンのハイジョンよりやわらかい感じがします。長編なのでこの程度がいいのかな。確かに見ていて疲れはしなかった。


なによりテレビでも紹介していましたが、スタッフロールに日本人の名前が出てくるのは嬉しいです。この作品はアカデミー賞3部門(美術賞、メイクアップ賞、視覚効果賞)獲得していて、その中の視覚効果を担当したデジタル・ドメインの三橋氏にエールを送りたい。80歳から60歳までのベンジャミンの映像の頭はCGっていうから驚きです。CGという感じはいっさい感じられない。

<!--ベンジャミン・バトン 数奇な人生 予告編-->
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 予告編

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック

素晴らしい すごい とても良い 良い

「余命」をツタヤで借りて見ました。


待望の妊娠。その直後に乳がんが再発。出産をとるか、治療をとるか。
谷村志穂の小説の映画化。


松雪泰子さんがとてもいい演技をしています。
強く我慢してひとりで決断していく様子はわからないでもない。


乳がんということもあり、男性ターゲットより女性をメインに作られた映画に感じました。感情移入もしにくいです。元々病気にかかったら弱い男性とは異なり、病気にもかかっても強い女性、そんな雰囲気がわかります。女性、母強し。

<!--「余命」予告編-->
「余命」予告編

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック

素晴らしい すごい とても良い 良い

「感染列島」を借りて見ました。


2009年1月17日に公開された邦画。妻夫君が出てます。
先行でレンタルが開始されていたのですが、あまり大きくコーナーを持たず静かに置いてありました。新作にも関わらずあまり借りられていませんでした。


本来ならば宣伝を大々的にやりたかったのでしょうが、冒頭から鳥インフルエンザの疑いから始まり、もろパンデミックの話のため、控えめにしたのでしょう。少し行き過ぎているシーンがあるのでこれはR-15指定ぐらいは必要ではないかと思います。


実際に現実的に起きたこともあり、あまりにもリアル過ぎな感じがしました。
そういえば、ANAやJALの一部の国際線で機内上映されていたらしいのですが、今年の春起きたインフルエンザの内容と映画の内容が似ているため、上映を中止したことも記憶に新しい。


必ず近い将来来ると言われていた動物から人、人から人への感染。こんなに早く現実に来るとは誰が予想したことか。今回弱性だったから良かったものの。まだまだ気が抜けません。


リアル過ぎですが、是非見て欲しい作品です。

<!--感染列島 予告編-->
感染列島 予告編

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック

素晴らしい すごい とても良い 良い

Blu-ray版「トランスフォーマー」を借りました。


「トランスフォーマー/リベンジ」が公開中ですが、


その前にというより既に前作は見ていますが、Blu-ray版で見てみました。


HD DVDは購入しています。一応まだ見れています。
HD DVDでも十分な高画質・高音質でしたが、さらにクオリティがあがっています。


Blu-rayではさらによりきめ細かく再現されています。ロボットの質感の本物感が増しています。この品質なら大満足です。続編のBlu-rayの品質も期待ができます。


ストーリーはまあそれなりに。マイケル・ベイとスティーブン・スピルバーグが手を組んでいますからそれなりに。DVDで見るよりBlu-rayで見た方が断然いいでしょう。


個人的には好きなSF。
それに役者の「シャイア・ラブーフ」がいいです。アイ・ロボット、トランスフォーマー、インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国、イーグル・アイと立て続けてヒット作に出ています。スピルバーグがお気に入りというのもうなずける。

<!--トランスフォーマー 予告編-->
トランスフォーマー 予告編

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック

素晴らしい すごい とても良い 良い

Blu-ray版「ハイスクール・ミュージカル1と2」をやっと見ました


見よう見ようと思って見ていなかった「ハイスクール・ミュージカル」。


ディズニー・チャンネルのオリジナル・テレビ映画で、社会現象が起きていて、映画版が昨年公開していたのは知っていたんだけど。


Blu-ray版がレンタルが始まっていたので借りて見ました。


オモシロイじゃないですか


ディズニーらしさも残り、ただミュージカルじゃなくいろんな音楽が盛り込まれておりどの年齢層に楽しめる。バスケしながら歌を歌うのは見た目以上に大変そう。


「1」は俳優の皆さんギスギス感はあるものの、楽曲、ストーリーともに素晴らしい。「2」になってからはよっぽど「1」が楽しかったのか「1」が成功したのもあり、演技が物凄い余裕あるのと仲良しなのが見て感じてくる。なので見ていて楽しくなってきます。


「1」の画質がなんかフォーカスがあまいかな。と思うぐらい。あまりハイビジョンを感じられない。今となっては普通のハイビジョン画質。「2」は割と最近のハイビジョン画質なのでとてもキレイに感じる。


「3」となる「ハイスクール・ミュージカル ザ・ムービー」を見ないといけません

<!--High School Musical- Something New-->
High School Musical- Something New

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック

素晴らしい すごい とても良い 良い

「その日のまえに」をツタヤで借りて見ました。


”その日のまえ”をどう生きるか? 人間の、夫婦の、家族の物語。大林宣彦監督作品。ということで。


主演は南原さんと永作博美さん。
夫と余命を宣告された妻との関係。


ゆったりのテンポが日本らしく気持ちいい。複数のドラマが交差する。
本当にゆっくり落ち着いた雰囲気。


何度も同じシーンを繰り返すが、そのシーンにシーンが追加され、感情移入を促される。


永作博美さんからの手紙は日本らしくとてもジーンときます。
化粧を落とすシーンもなんとも言えない切なさが伝わってきます。


音楽も切なさたっぷりです。


日本人でしか表現できないスピード感がたまらない。
10代の頃はこのスピードが退屈でしたか今はとっても好きです。

<!--「その日のまえに」予告編-->
「その日のまえに」予告編

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック

素晴らしい すごい とても良い 良い

Blu-ray版の「モンスターズ・インク」を購入。


Blu-ray版「モンスターズ・インク」


今回からPS3で見ることに。


DVDのときに十分な画質・音質だったのにBlu-rayになってどうなったか。
解像度が上がった分、サリーの毛がより鮮明に。引き締まってより作品に集中できるようになりました。


東京ディズニーランドで新しく追加されたアトラクション「モンスターズ・インク"ライド&ゴーシーク!"」に合わせての今回の発売。タイミングはいいね。アトラクションの紹介があるのでそれもいいね。東京ディズニーランドに行きたくなります。


映画に関わったスタッフが当時を語る「スペシャルトーク」のボーナス映像も見所です。


良作というのは何度も見てもいいですね。

<!--「モンスターズ・インク」予告編-->
「モンスターズ・インク」予告編



↓の評価ボタンを押してランキングをチェック

素晴らしい すごい とても良い 良い

PS3(PLAYSTATION 3)を購入。


PS3(PLAYSTATION 3)


いらないであろう本、ゲーム、DVDを売ったら4万ペソ近くになりました。
結構売ったと思ったのですが、まだまだ全然減っていません。


FINAL FANTASY XIIIも出ることだし、基本Blu-ray再生機として購入しました。
Blu-rayの再生能力は満足。操作はPSPと同じくXMBで使いやすいとは思うがXBOX360と違い、他のサービスが別々に管理されているせいか、いちいちサービス起動するっていうイメージでとっても不自然。もはや時代遅れなのですね。操作していてワクワクも楽しくもありません。
動画をダウンロードしてもその動画は共通のアイコンとタイトルだけでイメージが視覚的にわからないしとにかく楽しくない。

XBOX360の方がワクワク、楽しくゲーム以外のサービスを利用したくなります。他のサービスとの連携がとっても自然です。
個人差がありますからXBOX360の方が好きですね。


PS2(PlayStation2)


PS2がついにお役目を終わられました。今まで買ったゲーム機のなかでゲームの起動率が一番低いゲーム機でした。とりあえずお疲れさんでした。


PS3(PLAYSTATION 3)の設置


PS2が置いてあった場所にPS3を設置。
となりにはPS2の機能を持ちHDDを内臓したDVDレコーダー「PSX」が。2003年12月最初のモデルを発売日の2?3日後に購入してから今まで一回も壊れず、録画しすぐ見てすぐ消すには十分過ぎる機能をもっていてとっても気にいってました。アナログ放送が終わる2011年まで頑張って頂きます。PSPやPS3、テレビや録画機などで利用されているXMBはPSXから始まりました。当時はとっても良かったですけど、変わらず今も利用し続けるのはどうなんでしょうか。

Blu-rayを再生するのにパソコンを立ち上げなくても良くなったのでとりあえず買って良かったかな

Blu-ray版をおツタヤで「ワールド・オブ・ライズ」を見ました。


リドリー・スコット監督のデヴィッド・イグネイシャスの小説、及びそれを原作とした2008年公開のアメリカ映画。


レオナルド・ディカプリオとラッセル・クロウの共演。
ラッセル・クロウは元々演技派で今回も素晴らしい役。この役のために20kgも太ったというから凄いのなんの。


レオナルド・ディカプリオが本当に力をつけてきたと思う今日のこのごろ。
「ブラッド・ダイヤモンド」ではっきりいって好きになりました。実力Σ( ゚Д゚) スッ、スゲー!!


舞台が中東ということもあってジョージ・クルーニー主演の「シリアナ」よりわかやすいストーリーでこちらの方が好きですね。テロの部分はありそうだし、リアル間たっぷりです。


Blu-rayでは中東の雰囲気がより伝わってきてとてもいいです。
ワーナーですから動画圧縮はVC-1。VC-1もこなれてきた感じでハイビジョンを堪能できます。音声はダイナミックでいいですね。

<!--「ワールド・オブ・ライズ」予告編-->
「ワールド・オブ・ライズ」予告編


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック
素晴らしい すごい とても良い 良い

映画が好きなのでBlu-ray版の「ダ・ヴィンチ・コード」を購入。


Blu-ray版「ダ・ヴィンチ・コード」


ダ・ヴィンチ・コードはダン・ブラウンによる小説を原作とし映画版。同じ作者の「天使と悪魔」の公開前にBlu-rayを発売。劇場版より25分長いエクステンデッド・エディションになっています。映画館で見て、DVDはレンタル、PSP版を購入していました。


中盤の「聖杯」について歴史を振り返りながら話を進めるところでとてもワクワクしてきます。(ここでついていけないとまったく面白くなくなってしまいます。)ドキドキとワクワクが色んな場面で出てくる映画です。


ほぼ夜で暗いシーンが多いですが、黒もつぶれずとても見やすかった。音もドルビーTrueHDで品質がさらに向上しています。よりダイナミックで映画に集中ができます。


続編に合わせて旧作がBlu-ray化されるのはとてもいいですね。
トランスフォーマーも続編の公開前にBlu-ray版が出ます。HD DVD版を持っているので買うか悩みどころです。

<!--「ダ・ヴィンチ・コード」予告編-->
「ダ・ヴィンチ・コード」予告編


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

当然ですがBlu-ray版の「WALL E(ウォーリー)」を購入。


Blu-ray版「WALL E(ウォーリー)」


29世紀の荒れ果てた地球で、たったひとり黙々と働き続けるゴミ処理ロボット、ウォーリー・・・。


とっても心温まる内容です。序盤はどんな展開になっていくはわからない感じがとてもいい。


最新の映画っていうのと3Dアニメっていうのもあり、画質は次世代画質です。
ハイビジョンにして良かったと思える画質、音質です。リファレンスディスクとして活躍するでしょう。しかもストーリーが良い。


3Dもより重力間が増しているし、表情がさらに豊かになっています。
今回は宇宙がテーマですが子供・大人どんな人にも楽しめる作品です


ピクサー作品は本当素晴らしい
これからも応援していきますよ。また好きな作品が増えました。
何度でも見たくなる映画です
<!--「WALL E(ウォーリー)」予告編-->
「WALL E(ウォーリー)」予告編


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

1990年代以上で何回でも見たくなる大好きな洋画ランキング


を「gooランキング」で作成してみました。
作ったランキングをブログにもはれる、最高っす


<!--/blogparts skin01-->

FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN COMPLETEを購入。


FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN COMPLETEを購入


当時DVD版は知人に借りて、PSP版は購入しました。


今回Blu-ray版になって、解像度の向上、シーンの追加、再編集して、コンプリートバージョンと生まれ変わりました。


Blu-ray版になったことでの解像度の向上は、とても感じられました。
たまに解像度があまい感じがしましたが、意図的か、元々のソースの問題かはわかりません。


シーンも追加されたことでより、よりドラマティックになっています。


とても満足する内容でした。PSででた「FINAL FANTASY VII」は学生でしたし、あの時は皆がこのゲームソフトの話で盛り上がっていました。特典映像にはゲームのダイジェストがあるので思い出すことだ出来ます。とてもドラマティックだったんだなと。。。


DVDが世界で300万枚を売り上げてるからすごい。ゲームではなく映像作品ですから。
今回でさらにファンが増えそうです。


<!--「FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN COMPLETE」予告編-->「FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN COMPLETE」予告編

ブタがいた教室

| | カテゴリ : 映画 , 邦画 | コメント(2) | トラックバック(0)

ブタがいた教室をDVDを借りて見ました。


随分前に話題になった実話の映画版
ブタを飼って最後に皆で食べるという予定でクラスでブタを飼うことに。
大分実話から脚色してあるが、大枠変わっていません。


命の大切さを考えさせられる内容になっています。
日本にしか作れない作品だと思います。


途中から後半にかけて、子供たちが議論しているシーンがあります。
情報によると演技をしている子供たちには結末がどうなるか知らされていなく、本気で議論しているということらしい。本気モードのため、伝わってくるものがあります。


実話の本で感じたように「う~ん」考えさせられるな。と思う内容でした。


興味がある方は是非
<!--「ブタがいた教室」予告編-->「ブタがいた教室」予告編

当たり前ですがBlu-ray版の「レッドクリフ Part 1」を購入。


Blu-ray版「レッドクリフ Part 1」を購入


たぶん買うだろうと思っていたので、映画館では見なかった映画。


三国志の「赤壁の戦い」を舞台にした映画。
ジョン・ウー監督だったのでそれは見ないといけないと思ってました。


横山光輝の「三国志」やゲームの「三國無双」などに匹敵するワクワクする内容です。
ハリウッドにはない「静」と「動」があるので、ストーリーに引き込まれます。


ジョン・ウー監督は、20年間暖めていたらしく、その想いは非常に伝わってきます。


画質はハイビジョンとしてはまあまあで、そこまで感動する画質ではなかった。
音質はいい感じ。
<!--「レッドクリフ Part 1」予告編-->

「レッドクリフ Part 1」予告編

ツタヤのネット宅配からDMMのレンタルサービスに変更しちゃいました


DMMのレンタルサービスに変更


値段も変わらず、Blu-rayのタイトル数がこちらの方が豊富なため、変更しました。
レンタルの予約から借りれる枚数、到着、返却などの方法までほぼ同じなのでこちらの方がお得な感じです。


1ヶ月無料でその後有料会員へ。
ネット宅配はとっても便利です


→ DMM.com オンラインDVDレンタル

Blu-rayを地元ツタヤにてレンタルしたとき店員にまたまた言われたこと。


「こちらはBlu-rayになります。Blu-rayを再生する機械をお持ちでしょうか。」


言い方を変えて色々聞いてきます。
レンタル履歴を見ればわからないのだろうか。


Blu-rayをレンタルする度に何かと聞かれます。
マニュアルであってももう少し考えた方がいいのではないでしょうか。


って言うか言わなくてももうよくないですか。
私だけでしょうか。

当然Blu-ray版の「ウォンテッド」を購入。


Blu-ray版「ウォンテッド」を購入


映画館では見なかったので気になっていた映画。
監督は「ナイト・ウォッチ」のティムール・ベクマンベトフ。ロシア版マトリックスを作った人って言われているみたいですね。


アンジェリーナ・ジョリーが主役だど思っていたが脇役だったのね。
主役はジェームズ・マカヴォイ。見たことあるな。と思っていたらナルニア第一章のタムナスさんだったのね。とてもいい役者です。


期待はしていなかったが、マトリックスに似た演出で、ありえないカットがアニメ的で楽しくワクワク見れました。弾丸が曲がるっていうのは面白い。


Blu-rayなので映像、音ともに満足。新作はこの品質で出してもらえるとうれしい。
くじを引いてポストカードもついてきました。
<!--「ウォンテッド」予告編-->

「ウォンテッド」予告編

プロフィール

Kamitani79
ニックネーム : Kamitani79
映画鑑賞、音楽、写真、ゲーム。地元・横浜をこよなく愛する( `・∀・´)ノヨロシク
自己紹介 :
このエントリーをはてなブックマークに追加

携帯サイト

つながり

  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ
  • あわせて読みたいブログパーツ
  • フィードメーター - Kamitani79-メロンとバナナとブログ
  • SEO
    loading
Creative Commons License
このブログのライセンスは クリエイティブ・コモンズライセンス.
Powered by Movable Type 6.2.4

最近のアクション

人気のエントリー

最近の写真・画像

空の写真

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Kamitani79. Make your own badge here.

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち映画カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは携帯写真です。

次のカテゴリはです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。