サイト制作: 2008年10月

ヨドバシカメラのECサイトがリニューアルしてました。


家電製品の価格等を調べるときに非常に見やすく使いやすかったサイト。ネット通販も何度か利用したことがありますが、非常に便利でよかった。


早くからネット通販ビジネス始めてましたし、
ECサイトのモデルとして評価が高く良い事例として使われていました。


がしかし、今回のリニューアルで大失敗のモデルになってしまいました。


2008年10月21日頃、サイトをリニューアル。
リニューアル直後から表示が遅いとクレームが多発してた模様。


2008年10月23日にお詫びのページが儲けられていたが、30日現在状況はまったく変わっていない。


リニューアルしたのは、Webサイト制作では大手の「キノトロープ」。
ついにやってしまいました。


リニューアル後の方が「使いづらい」「わかりづらい」「見つけにくい」
キノトロープが押す、「使いやすい」「わかりやすい」「見つけやすい」
すべてが逆に。


今回リニューアルの目的はCMSを使うようにしたのと、すべてのページを静的ページに。
動的ページをrewindで見せかけているのかもしれないが、SEOを意識したかったのでしょう。


動的であっても、Yahoo!やGoogleは数年前より対応が良くなっているので動的でも良かったのではと思う。商品点数も多いのだろうから。


それより、負荷テストをしなかったのかとても疑問である。
そしてバックアップはしていなかったのだろうか。

一旦旧サイトに戻せばいいのに。。。


ヨドバシカメラの機会損失も数億円にもなっているとかないとか。


キノトロープさんやってしまいましたね。
きちんと仕事をしなかったり、調子にのったり、楽をしたり、真面目に生きなかったり、間違った生き方をしたり、会社の規模と見合わない仕事を請けたりすると必ず天罰がくるのですね。


Webサイト制作の失敗の事例として、これから広く多く使われることでしょう。
「ヨドバシカメラ」と「キノトロープ」忘れないように。
非常に残念です。


来週あたり何かしらの発表があるのかしら。わかりません。

携帯サイトのDOCTYPE宣言についてで各キャリアごとにDOCTYPE宣言が異なるという記事を書きました。


ひとつのhtmlで携帯サイトを作り、
各キャリアからアクセスがあった場合、DOCTYPE宣言を切り替えるにはどうしたら良いか。


切り替えのPHPを紹介しますので、SSIは必須ですが利用してみてください。
XHTMLベースの紹介になります。(厳密に切り替える必要はないかもしれませんが。。。)


SSIをHTMLで読み出す場合、.htaccess等に
以下を追加し、PHPと同じディレクトリに置きます。


AddHandler server-parsed html
AddType application/xhtml+xml .html
AddType application/xhtml+xml .xhtm .xhtml


ユーザーエージェントの切り替え方法は、
携帯ホームページを作ろう! -ちょっと詳しいモバイルサイトの作り方-参考にしています。




■こちらをそのままコピーするか、
以下ファイルをダウンロードするかになります。

doctype.txt[右クリック・ダウンロード]
(拡張子をphpに変更してください。)


完全フリーです。著作権もありません。改変もどんどんやっちゃってください。

2008年11月11日ちょい変更。preg_matchにて分岐することにしました。

<?php
$agent=$_SERVER['HTTP_USER_AGENT'];
if(preg_match("/DoCoMo/", $agent)) {
print("<?xml version=\"1.0\" encoding=\"Shift_JIS\"?>\n");
print
("<!DOCTYPE html PUBLIC \"-//i-mode group (ja)//DTD XHTML i-XHTML(Locale/Ver.=ja/2.3) 1.0//EN\" \"i-xhtml_4ja_10.dtd\">\n");
print ("<html xmlns=\"http://www.w3.org/1999/xhtml\" lang=\"ja\" xml:lang=\"ja\">\n");
print ("<head>\n");
print ("<meta http-equiv=\"Content-Type\" content=\"application/xhtml+xml; charset=Shift_JIS\" />");
} elseif(preg_match("/KDDI\-/", $agent)||preg_match("/UP\.Browser/", $agent)) {
print("<?xml version=\"1.0\" encoding=\"Shift_JIS\"?>\n");
print ("<!DOCTYPE html PUBLIC \"-//OPENWAVE//DTD XHTML 1.0//EN\" \"http://www.openwave.com/DTD/xhtml-basic.dtd\">\n");
print ("<html xmlns=\"http://www.w3.org/1999/xhtml\" lang=\"ja\" xml:lang=\"ja\">\n");
print ("<head>\n");
print ("<meta http-equiv=\"Content-Type\" content=\"text/html; charset=Shift_JIS\" />");
} elseif(preg_match("/J\-PHONE|Vodafone|MOT\-[CV]980|SoftBank/", $agent)) {
print("<?xml version=\"1.0\" encoding=\"Shift_JIS\"?>\n");
print ("<!DOCTYPE html PUBLIC \"-//J-PHONE//DTD XHTML Basic 1.0 Plus//EN\" \"xhtml-basic10-plus.dtd\">\n");
print ("<html xmlns=\"http://www.w3.org/1999/xhtml\" lang=\"ja\" xml:lang=\"ja\">\n");
print ("<head>\n");
print ("<meta http-equiv=\"Content-Type\" content=\"text/html; charset=Shift_JIS\" />");
} else {
print("<?xml version=\"1.0\" encoding=\"Shift_JIS\"?>\n");
print
("<!DOCTYPE html PUBLIC \"-//WAPFORUM//DTD XHTML Mobile 1.0//EN\" \"http://www.wapforum.org/DTD/xhtml-mobile10.dtd\">\n");
print ("<html xmlns=\"http://www.w3.org/1999/xhtml\" xml:lang=\"ja\">\n");
print ("<head>\n");
print ("<meta http-equiv=\"Content-Type\" content=\"text/html; charset=Shift_JIS\" />");
}
?>




■読み出しこちらをになります。任意のフォルダで良いと思います。
PHPの場所はトップディレクトリから相対パスで指定してください。

<!--#include virtual="/php/doctype.php"-->




■htmlソースはこんな感じでしょうか。

<!--#include virtual="/php/doctype.php"-->
<meta name="keywords" content="キーワード1,キーワード2" />
<meta name="description" content="サイトの紹介文" />
<title>サイトのタイトル</title>
</head>
<body>
本文
</body>
</html>




少しでもXHTMLベースの携帯サイトが増えることを祈っています。
CHTMLベースは捨てましょう。


絵文字変換、画像縮小変換、全角半角変換などとそれぞれに処理が必要になってくるので、
わたしは「Movable Type(MT)」と「ケータイキット for Movable Type」を利用することをおススメします。

※最近流行の特定の会社へリンクしているスパムではありません。
ケータイキット for Movable Typeは携帯サイトの構築においてコストの面、機能的にも必要最低限用意されていて、自由度が高くわかりやすいからです。

携帯サイト制作-WEBデザインの新しいルールを購入しました。


携帯サイト制作-WEBデザインの新しいルール


携帯サイトを制作するにあたって情報が少ない状況にあります。


こういった参考書はとても有難い。著作も携帯サイト制作会社の「ファーストビット」。


CHTMLベースの内容ではなくXHTMLベースの内容になっているので2008年10月時点で一番使える内容で今後も利用できるでしょう。


おすすめです


■他に携帯サイト制作で参考になるサイトはこちら↓
携帯ホームページを作ろう! -ちょっと詳しいモバイルサイトの作り方-

[Think IT] 【モバイル向けサイト制作】今から始める携帯サイト制作-

[Think IT] 【モバイル向けサイト制作】出遅れるな!Flash Lite入門


■アクセスアップ等はこちらが王道↓
携帯アフィリエイトバイブル -携帯で稼ぐ-




■携帯サイト制作を制作会社に頼みたいと考えている方へ


携帯サイト制作会社の9割以上が制作のことしか知りません。残念なことに。
何故なら作るのだけが好きだから。


プロモーションをはじめ、モバイルSEOについては理解していません。
何故なら作るのだけが仕事だから。何度もでもいいます。作るのだけが好きだから。経営学や経済学、会計やマーケティングには興味ありません。残念なことに。物を売ったことすらない人もいます。


さらに残念なことに、プロモーション、モバイルSEOをビジネスとしている会社は携帯サイトを作れません。コンサル業務、理論や理屈しか興味ありません。


一度、Yahoo!モバイルやGoogleモバイルで「携帯サイト制作」や「携帯サイト seo」などと検索してみてください。物凄いサイトが偏っていることがわかります。

さらにPCサイトには「携帯サイト作れます」って書いてあるのに自社の携帯サイトがなかったりします。


わたしがお客ならコンサルから制作、プロモーションまで一括で頼みたいところ。
たくさん制作会社はありますが、すべてを一括できる会社は数社しかいない状況です。


きちんと調べることをお勧めします。
マーケティングを知らない制作会社はお勧めしません。


・・・
このまえ営業で、携帯の公式サイトのシステム150万円でありますよ。って電話がありました。
システムだけで150万円って。公式サイトの効果が薄れているのに。笑える

Yahoo!モバイル検索を、PCから検索する。


いつの間にか出来るようになっていたのですね


以前は、FirefoxのUser Agnet Switcherにてdocomoに偽装して
検索していたのですが、普通にYahoo!モバイルサイトに行けば、検索出来るじゃないですか


なんと


「iモード」「 EZweb」「Yahoo!ケータイ」「Disney Web」それぞれ検索できるのさ。


結果が違うのよね?。


お試しあれ?

Movable Type 4.2のセキュリティアップデートの提供が行われてます。


アプリケーションの脆弱性がありMovable Type4のバージョンで影響受けるということで、早速ダウンロードして、FTPでアップロード。


アップデートは、すぐ終わった


Movable Type 4.22になりました


脆弱性なので対象のひとは、速やかにアップデートした方がいいと思います。


参照記事
[重要] セキュリティアップデート Movable Type 4.22 の提供を開始

Yahoo!Japanは、2008年10月15日、Yahoo!Japanの検索エンジン(YST)のインデックス更新を発表した。インデックス全体更新を行われることで、順位変動が予想される。


見ているブラウザによって順位のばらつきがあります。
落ち着くまで様子を見ましょう。


35日ぐらいの周期で、更新が行われるYST。


順位が上がったのもあれば下がったというより何も変わっていないサイトが多かったな。
モバイルの方も検索の表示が変わった。デザインが良くなりました。


今回のアップデートは、皆さんにとって如何でしたか?


Yahoo!スタッフブログ
Yahoo!検索 Index Update

Movable Typeのブログ記事やウェブページを作成する際の「タイトル」や「本文」、「続き」などの名称を変更するには、Movable Type自体のテンプレートを変更する必要が今まではありました。


ToI企画さんが素晴らしいプラグインを開発、無料にて公開しています。


CustomDefaultFields」をダウンロードして、プラグインディレクトリに設置のみで終了。各ブログからプラグインへ。名前を変更すれば終了。


ウェブページ(本文)に「PCコンテンツ」、ウェブページ(続き)に「携帯コンテンツ」を入れているサイトがあるので、名称を変更しました。


ウェブページ(本文)に「PCコンテンツ」、ウェブページ(続き)に「携帯コンテンツ」


別の人に伝えるとき、かなり楽になりました

Movable Typeのブログ記事やウェブページの中で、Movable Typeのタグを利用することは標準のままだと出来ません。


Movable Type 4.1までは、プラグインの「MT::Plugin::EvalTemplate」を利用する必要がありました。


Movable Type 4.2よりプラグインを入れなくても単体で対応するようになりました。


ただ利用する場合、「mteval="1"」を追加する必要があります。


・ブログ記事(本文)の場合
<MTEntryBody> → <MTEntryBody mteval="1">


・ウェブページ(本文)の場合
<MTPageBody> → <MTPageBody mteval="1">


上記の設定を行えば、Movable Typeのタグを利用することが出来ます。

プロフィール

Kamitani79
ニックネーム : Kamitani79
映画鑑賞、音楽、写真、ゲーム。地元・横浜をこよなく愛する( `・∀・´)ノヨロシク
自己紹介 :
このエントリーをはてなブックマークに追加

携帯サイト

つながり

  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ
  • あわせて読みたいブログパーツ
  • フィードメーター - Kamitani79-メロンとバナナとブログ
  • SEO
    loading
Creative Commons License
このブログのライセンスは クリエイティブ・コモンズライセンス.
Powered by Movable Type 6.2.4

最近のアクション

人気のエントリー

最近の写真・画像

空の写真

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Kamitani79. Make your own badge here.

このアーカイブについて

このページには、2008年10月以降に書かれたブログ記事のうちサイト制作カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはサイト制作: 2008年9月です。

次のアーカイブはサイト制作: 2008年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。