サイト制作: 2008年11月

Web担当者 現場のノウハウ 2009冬号「SEOスペシャル」を購入。


Web担当者 現場のノウハウ 2009冬号「SEOスペシャル」


んまあ、いいんじゃない。程度。


初心者には良くまとめられていると思います。

携帯サイトを作成する際に、全角カタカナより半角カタカナの方が、見栄えがよくなります。容量削減のためにも使われてもいます。


全角カタカナから半角カタカナへ変換するPHPを紹介しますので、SSIは必須ですが利用してみてください。


必要であるかないかは今回微妙です。
簡単なプログラムです。


※バックスラッシュ問題が解決していません。誰か教えてください。
なのでダブルクォート(")でくくる場合、ダブルクォートの前にバックスラシュ(\)が必要です。

例)
<a href="">リンク</a>
→ <a href=\"\">リンク</a>


SSIをHTMLで読み出す場合、.htaccess等に
以下を追加し、PHPと同じディレクトリに置きます。


AddHandler server-parsed html
AddType application/xhtml+xml .html
AddType application/xhtml+xml .xhtm .xhtml




■こちらをそのままコピーするか、
以下ファイルをダウンロードするかになります。

hankaku_convert.txt[右クリック・ダウンロード]
(拡張子をphpに変更してください。)


完全フリーです。著作権もありません。改変もどんどんやっちゃってください。


<?php
$moji = mb_convert_kana($_GET["data"],"ka","Shift_JIS");
if (get_magic_quotes_gpc())
{
$moji = stripslashes($moji);
}
print $moji;
?>




■読み出しこちらをになります。任意のフォルダで良いと思います。
PHPの場所はトップディレクトリから相対パスで指定してください。

<!--#include virtual="/php/hankaku_convert.php?data=文字"-->




■htmlソースはこんな感じでしょうか。

<!--#include virtual="/php/doctype.php"-->
↑前々回分↑
<meta name="keywords" content="キーワード1,キーワード2" />
<meta name="description" content="サイトの紹介文" />
<title>サイトのタイトル</title>
</head>
<body>
<!--#include virtual="/php/fontsize.php"-->
↑前回分↑
<!--#include virtual="/php/hankaku_convert.php?data=本文(全角カタカナ)"-->
↑今回分↑
</div>
</body>
</html>




Movable Typeで利用するときはとても便利になるかと思います。
ブログ名前のタグは「<$MTBlogName$>」。

以下のように使うと全角カタカナが半角カタカナに変換されます。
<!--#include virtual="/php/hankaku_convert.php?data=<$MTBlogName$>"-->



少しでもXHTMLベースの携帯サイトが増えることを祈っています。

自分が利用している「さくらインターネットのレンタルサーバー」が、前回発表があって記事を書いたさくらインターネットのレンタルサーバー、料金そのままで容量アップが実施されていました。


スタンダードなので、1GB → 3GB


さくらインターネットのレンタルサーバー、容量アップしてたよ?。


( ゚Д゚)ウヒョー


最高にウレシイヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!


私は、さくらインターネットを応援します

Movable Typeで通常の判定だと、前後のブログ記事またはウェブページがない場合、当然ですが何も表示されません。


位置を中心に配置した場合、バランスが悪いように見えてしまう。


■前後のブログ記事がある場合、以下のように表示されます。
※表示イメージ

■前のブログ記事がない場合、以下のように表示されます。
※表示イメージ

■次のブログ記事がない場合、以下のように表示されます。
※表示イメージ




前後のブログ記事またはウェブページがない場合、「前のページ」または「次のページ」のテキストのみ表示を行えば、バランスが取れるということになります。


■前のブログ記事がない場合、以下のように表示を行う。
※表示イメージ


<< 前のページ|トップページ次のページ >>

■次のブログ記事がない場合、以下のように表示を行う。
※表示イメージ


<< 前のページトップページ|次のページ >>



色んな方法があると思いますが、以下を行えば問題は解決する。


// 前後のブログ記事を判定する変数それぞれ「0:初期値」としてセット。
// 前後のブログ記事があった場合、変数に「1」をセット。
// 変数が「0」と等しければ、テキストを表示。


<div style="text-align:center;">

<MTSetVar name="previous_flag" value="0">
<MTSetVar name="next_flag" value="0">

<MTEntryPrevious>
<MTSetVar name="previous_flag" value="1">
<a href="<$MTEntryPermalink$>"><< 前のページ</a>|
</MTEntryPrevious>

<MTIf name="previous_flag" eq="0">
<< 前のページ|
</MTIf>

<a href="<$MTBlogURL$>">トップページ</a>

<MTEntryNext>
<MTSetVar name="next_flag" value="1">
|<a href="<$MTEntryPermalink$>">次のページ >></a>
</MTEntryNext>

<MTIf name="next_flag" eq="0">
|次のページ >>
</MTIf>

</div>


※ウェブページの場合でもタグを変えれば利用可能です。

Yahoo!Japanは、2008年11月22日、Yahoo!Japanの検索エンジン(YST)のインデックス更新を発表した。インデックス全体更新を行われることで、順位変動が予想される。


見ているブラウザによって順位のばらつきがあります。
落ち着くまで様子を見ましょう。


35日ぐらいの周期で、更新が行われるYST。


今回は長く、嫌われていたあるサイトの順位が復活しました。
TDPリカバリーされました。


他のサイトは特に可もなく不可もなくという感じです。


今回のアップデートは、皆さんにとって如何でしたか?


Yahoo!スタッフブログ
Yahoo!検索 Index Update

Google Analyticsにログインすると何やら表示が変わっていました ヮ(゚д゚)ォ!


一覧メニューに、パーセントで表示されるため、前月分等からアクセスが増加しているのか、減少しているのかわかりやすくなりました


Google Analyticsの表示が変わっていました。


・・・がしかし、増加しているときは「緑色」だが、現象しているときは「赤色」なので、なんかかなしくなってしまうかもしれません。


でもまあ、変わることはいいことさ

自分も利用している「さくらインターネットのレンタルサーバー」が、サービス改定を2008年11月12日発表した


レンタルサーバーのプランの容量の変更は以下になる。
・ライト:300MB → 500MB
・スタンダード:1GB → 3GB
・プレミアム:3GB → 10GB
・プロ:20GB → 40GB

メールボックスは、200MBから300MBに各プラン変更になる。
改定自体は2008年11月19日に行うということで楽しみです


ドメイン設定にてライトプランからエイリアス対応に。今まではリダイレクトのみだった。
これはかなり良いかも


今回いいのは、既に利用しているひとも変更の対象になる。っていうこと


素晴らしい


自分は、「スタンダード」を利用しており、そろそろ「プレミアム」に変更しようと思っていたが、「スタンダード」のままで大丈夫そうです。


■さくらインターネットの良いところ
1. スタンダードで、年5,250円。
2. サポートが充実しており、電話やメールが繋がり連絡が取れる。
3. ドメインを20個まで設定できる。
4. 1アカウントで、プランを複数追加できる。


レンタルサーバーは、色々ありますが、さくらインターネットのレンタルサーバーを数年前からいろんなケースで使って、特に問題もないし決済が非常に良いので利用しています。コストパフォーマンスは非常に高いです。


割とオススメのレンタルサーバーです。
初心者にも簡単で割りと長く利用できると思っていま?す。


記事元:
「さくらのレンタルサーバ」および「さくらのメールボックス」サービス改定のお知らせ

携帯サイトのDOCTYPE宣言、切り替え(PHPをSSIにて利用)に引き続き、各キャリアごとに共通して全体の文字サイズを1サイズ小さくし合わせる、PHPを紹介しますので、SSIは必須ですが利用してみてください。
XHTMLベースの紹介になります。


背景:docomoとSoftBankは「font-size:small;」で1サイズ小さくなりますが、auの場合さらに1サイズ小さくしなくてはならない。指定は「font-size:x-small;」になります。


SSIをHTMLで読み出す場合、.htaccess等に
以下を追加し、PHPと同じディレクトリに置きます。


AddHandler server-parsed html
AddType application/xhtml+xml .html
AddType application/xhtml+xml .xhtm .xhtml


ユーザーエージェントの切り替え方法は、
携帯ホームページを作ろう! -ちょっと詳しいモバイルサイトの作り方-参考にしています。




■こちらをそのままコピーするか、
以下ファイルをダウンロードするかになります。

fontsize.txt[右クリック・ダウンロード]
(拡張子をphpに変更してください。)


完全フリーです。著作権もありません。改変もどんどんやっちゃってください。


<?php
$agent=$_SERVER['HTTP_USER_AGENT'];
if(preg_match("/DoCoMo/", $agent)) {
print ("<div style=\"font-size:small;\">\n");
} elseif(preg_match("/KDDI\-/", $agent)||preg_match("/UP\.Browser/", $agent)) {
print ("<div style=\"font-size:x-small;\">\n");
} elseif(preg_match("/J\-PHONE|Vodafone|MOT\-[CV]980|SoftBank/", $agent)) {
print ("<div style=\"font-size:small;\">\n");
} else {
print ("<div style=\"font-size:small;\">\n");
}
?>




■読み出しこちらをになります。任意のフォルダで良いと思います。
PHPの場所はトップディレクトリから相対パスで指定してください。

<!--#include virtual="/php/fontsize.php"-->




■htmlソースはこんな感じでしょうか。

<!--#include virtual="/php/doctype.php"-->
↑前回分↑
<meta name="keywords" content="キーワード1,キーワード2" />
<meta name="description" content="サイトの紹介文" />
<title>サイトのタイトル</title>
</head>
<body>
<!--#include virtual="/php/fontsize.php"-->
本文
</div>
</body>
</html>




少しでもXHTMLベースの携帯サイトが増えることを祈っています。
CHTMLベースは捨てましょう。

プロフィール

Kamitani79
ニックネーム : Kamitani79
映画鑑賞、音楽、写真、ゲーム。地元・横浜をこよなく愛する( `・∀・´)ノヨロシク
自己紹介 :
このエントリーをはてなブックマークに追加

携帯サイト

つながり

  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ
  • あわせて読みたいブログパーツ
  • フィードメーター - Kamitani79-メロンとバナナとブログ
  • SEO
    loading
Creative Commons License
このブログのライセンスは クリエイティブ・コモンズライセンス.
Powered by Movable Type 6.2.4

最近のアクション

人気のエントリー

最近の写真・画像

空の写真

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Kamitani79. Make your own badge here.

このアーカイブについて

このページには、2008年11月以降に書かれたブログ記事のうちサイト制作カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはサイト制作: 2008年10月です。

次のアーカイブはサイト制作: 2008年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。