携帯の最近のブログ記事

2011年11月16日(水)、スマートフォン の 対応の「スマートフォンオプション for Movable Type」の出荷が開始されました!!


これで、スマートフォンに適した画面でブログ更新ができます。
PC表示で見るよりも遥かに見やすくなっています。


主な機能点
・スマートフォンから管理画面にアクセスし、ブログ記事やコメントを管理する。
・Webサイトを、PCとスマートフォンの両方に最適化して表示するデザインテーマ。



合わせて、MySQL 5.1 から MySQL 5.5 に変更しました。


参照記事
「スマートフォンオプション for Movable Type」を本日提供開始 : Movable Type News - Six Apart

docomo公衆無線LANサービス申し込みをしました。


spモードメールが無線に対応してくれたので、3Gと無線の切り替え作業が減りました。


「docomo公衆無線LANサービス」には申し込んでいなかったので、お近くのドコモショップで申し込みました。申し込みはすぐ終わりました。


設定をいくつかして完了へ。無線環境がだいぶ整ってきました。


スマートフォンは、色々設定が多いな~。


使い初めてから、変わったことは、ミニノートを使う頻度がだいぶ減った。ことかな。

LYNX 3D SH-03Cでスマホデビュー

LYNX 3D SH-03C


色々考えました。


の結果です。


iPhone 4が良かったのですが、docomoではないので。。。


おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線にも対応しているので、スマートフォン移行に問題ないかと。


何よりiモードのメールアドレスが使える「spモード」があるので、この機会に。


レグザと迷いましたが、一回りデカイのでやめました。


海外との連絡で必要な「Yahoo!メッセンジャー」「Skype」のアプリを。特に問題ありません。相変わらず「Yahoo!メッセンジャー」は日本以外共通のIDで利用。


基本家では、Wi-Fi接続で、外では普通の通信で。設定は割と簡単でした。
「spモード」は、Wi-Fi接続では送受信できないので、回線切替がちょっと面倒。でも2月頃にアップデートの予定だそうです。


「spモード」の説明を受けましたが、なんともややこしい。入れ替えが必要だと言われてもね~。


着信音は自分の好きな曲に設定できたり、アプリは自分の好きな場所に配置できたりと自由度が高く、気に入ってます。PCメールも設定できるのでメールチェックはパソコンいらずです。


おサイフケータイのサービス対応と、Android 2.2のアップデートもあるので、これからも楽しみです

2010年11月21日、ドコモiメニュー検索「他の検索サイトで探す」。


◇1ページ目
1.Yahoo!モバイル
2.Googleモバイル
3.モバイルgoo(
4.モバゲータウン(
5.ニワンゴ




◇2ページ目
6.froute.jpエフルート
7.ケータイ検索Yicha.jp
8.Baiduモバイル(
9.★ケータイBIGLOBE★(
10.今泉兄弟のOH!NEW?(
11.ケータイ livedoor(
12.Bing(
13.インフォシーク(
14.Seaftyy シーフティ(
15.CROOZ!(


Baiduモバイルが、8位にランクイン。本当かな???

2010年7月25日、ドコモiメニュー検索「他の検索サイトで探す」。


◇1ページ目
1.Yahoo!モバイル
2.Googleモバイル
3.モバゲータウン
4.モバイルgoo(
5.ニワンゴ(



◇2ページ目
6.froute.jpエフルート
7.ケータイ検索Yicha.jp
8.★ケータイBIGLOBE★(
9.今泉兄弟のOH!NEW?(
10.ケータイ livedoor(
11.インフォシーク
12.Bing(
13.Seaftyy シーフティ(
14.CROOZ!

Yahoo!Japanは、2010年6月3日、モバイル版Yahoo!Japanの検索エンジン、アルゴリズム更新(6/3)を発表した。検索エンジン部分の更新になるので大幅な順位変動が予想される。というより起こっている


見ている端末によって順位のばらつきがあります。
落ち着くまで様子を見ましょう。


モバイルのアップデートの案内なんて珍しいですね。
自分が管理しているモバイルサイトは、かなりプラスに働いています。


今回のサプライズのアップデートは、皆さんにとって如何でしたか?


Yahoo!スタッフブログ
モバイル版Yahoo!検索 アルゴリズム Update

2010年5月22日、ドコモiメニュー検索「他の検索サイトで探す」。


◇1ページ目
1.Yahoo!モバイル
2.Googleモバイル
3.モバゲータウン
4.ニワンゴ(
5.モバイルgoo(




◇2ページ目
6.froute.jpエフルート
7.ケータイ検索Yicha.jp
8.★ケータイBIGLOBE★(
9.Seaftyy シーフティ(
10.今泉兄弟のOH!NEW?(
11.インフォシーク(
12.ケータイ livedoor(
13.Bing
14.CROOZ!

携帯検索エンジンと各キャリアのユーザーエージェント判定。


docomoのiモード検索がモバイルgoo検索(ichiro)を採用するということで対応を含めて、.htaccessを以下のようにします。モバイルgooのクローラー頻度はとても遅いので早めに指定をした方が良いかと。クロスレコメンドモバイルも合わせて登録しておくといいかも。


.htaccessに以下を追加し、PCサイトのrootディレクトリ直下に置きます。


RewriteEngine On

RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} Googlebot-Mobile [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} Y!J-SRD [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} Y!J-MBS [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} ichiro [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} moba-crawler [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} LD_mobile_bot [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} livedoor-Yill [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} froute.jp [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} MSNBOT-MOBILE [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} BaiduMobaider [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} Hatena-Mobile-Gateway [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} DoCoMo [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} KDDI [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} Up.Browser [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} Softbank [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} Vodafone [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} J-PHONE [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} Nokia [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} SAMSUNG [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} MOT- [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} emobile [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} DDIPOCKET [NC,OR]
RewriteCond %{HTTP_USER_AGENT} WILLCOM [NC]
RewriteRule ^$ http://www.○○○.com/m/ [R,L] (携帯のアドレス)


※携帯アドレスが共通の場合になります。キャリアごとの振り分けにすることもできまっせ。

2010年3月20日、ドコモiメニュー検索「他の検索サイトで探す」。


◇1ページ目
1.Yahoo!モバイル
2.Googleモバイル
3.モバゲータウン(
4.モバイルgoo(
5.ニワンゴ



◇2ページ目
6.froute.jpエフルート
7.ケータイ検索Yicha.jp
8.ケータイlivedoor
9.★ケータイBIGLOBE★
10.Seaftyy シーフティ
11.今泉兄弟のOH!NEW?(
12.インフォシーク(
13.Bing
14.CROOZ!

Google Analytics、携帯サイト向けのアクセス解析が正式対応になりました。


( ゚Д゚ノノ"☆パチパチパチパチ


ページ名が取得されない問題がありますが、十分すぎる機能があります。
また設置自体も正式前と殆変わりません。


告知ページにも書いてありますが、以下のように設置をします。

1. モバイル用に新規プロファイルを追加します。(アカウントは既存のものがご利用になれます)
2. 通常のトラッキング コードの取得方法と同じ画面を開きます。
3. [アドバンス] タブをクリックして開きます。
4. ❶ で [携帯電話向けのサイト] を選択します。
5. PHP, Perl, JSP, ASPX の中から言語を選択します。(ご利用のサーバーがこれらの言語のいずれかをサポートしていることをご確認ください。)
6. ❷ で、選択した言語のコードが 2つ表示されるので、指定された場所にコードを実装します。
7. ❸ から、選択した言語の ga ファイルをダウンロードし、アクセス解析を行うサイトのルート ディレクトリにアップロードします。


PHPにてSSI利用の場合、以下にて公開していますので利用ください。
Google Analyticsで携帯サイトのアクセス解析を設置。(PHPをSSIにて利用)


ga.phpにて、$SERVERに1文字足りないところがあり、$_SERVERに修正してから設置する必要があります。そのうち修正されるかと思いますが。



Analytics 日本版 公式ブログ: モバイル向け Google Analytics がすべてのアカウントでご利用可能になりました

2010年1月11日、ドコモiメニュー検索「他の検索サイトで探す」を更新。


◇1ページ目
1.Yahoo!モバイル
2.Googleモバイル
3.モバイルgoo(
4.モバゲータウン(
5.ニワンゴ



◇2ページ目
6.froute.jpエフルート
7.ケータイ検索Yicha.jp
8.ケータイlivedoor
9.★ケータイBIGLOBE★
10.Seaftyy シーフティ
11.インフォシーク(
12.今泉兄弟のOH!NEW?(
13.Bing(
14.CROOZ!


インフォシークは、RFMS検索を利用していましたがサービス終了に伴い、Yahoo!検索を採用しています。

2009年春・夏のモデルからdocomo検索より参照元を取得できるようになった訳ですが、一時停止をしていたJavaScriptからは、2009年10月末より順次利用可能に。


その結果、JavaScript対応のアクセス解析からも取得できるようになっています。


docomoのJavaScriptでdocomo検索の参照元の取得は以下のように見れるはずです。


docomo検索より参照元を取得

無料のアクセス解析「Google Analytics」携帯サイトのアクセス解析を設置して、少し時間が経ちました。当ブログの携帯サイトのキーワードを取得しました。


2009年10月25日から2009年11月15日まで、688種類のキーワード。
何処から来るのか、当然携帯の検索エンジン。


先月の某Web雑誌で、携帯サイトの流入は、「QRコード」、「携帯メール」、最後に「検索エンジン」と書いてあった。そうなんですか???


当ブログで取得するキーワードで見るとわかるように、携帯でも検索エンジンを利用して、サイトへアクセスするのである。他の携帯サイトでも同じ調査分析になるのである。


「携帯を使わないから、携帯検索エンジンから携帯サイトなんかに流入は絶対にない。」


「知らないからやらなくていい。PCが何が何でも絶対で完璧だ。」


という考えは非常に危なくないですか。知らないということは非常に危険だと思いますが如何でしょうか。


Google Analytics 携帯サイトのアクセス解析によるキーワード

リージョナル・ファスト・モバイルサーチ株式会社は、2009年11月30日をもってモバイルの検索「RFMS」を終了すると発表しました。


Infoseekモバイルで利用されていました。
2009年は、RFMS検索、Askモバイル、R25式モバイル、L25mobileが終了したことに(R25式モバイルはYahoo!配下で動いてはいますが)。


非常に残念です

無料のアクセス解析「Google Analytics」携帯サイトのアクセス解析で、HTMLファイルにてSSIを利用してPHPをインクルードできたのでご紹介。


SSIをHTMLで読み出す場合、.htaccess等に
以下を追加し、PHPと同じディレクトリに置きます。


AddHandler server-parsed html


次にGoogle Analytics Now More Powerful, Flexible And IntelligentのExpanded Mobile Reportingの「download snippet instructions」よりファイルをダウンロード。PHPフォルダ内を利用します。


・ga.phpをルートディレクトリに設置。


・php1.snippet内にあるコピーし、別名でphpファイルに。ファイルをエディターで開き、GA_ACCOUNTのところを取得している「UA-XXXXXXXXX」を「MO-XXXXXXXXX」に変えます。


以下になるようにします。


<?php
// Copyright 2009 Google Inc. All Rights Reserved.
$GA_ACCOUNT = "MO-XXXXXXXX";
$GA_PIXEL = "/ga.php";

function googleAnalyticsGetImageUrl() {
global $GA_ACCOUNT, $GA_PIXEL;
$url = "";
$url .= $GA_PIXEL . "?";
$url .= "utmac=" . $GA_ACCOUNT;
$url .= "&utmn=" . rand(0, 0x7fffffff);
$referer = $_SERVER["HTTP_REFERER"];
$query = $_SERVER["QUERY_STRING"];
$path = $_SERVER["REQUEST_URI"];
if (empty($referer)) {
$referer = "-";
}
$url .= "&utmr=" . urlencode($referer);
if (!empty($path)) {
$url .= "&utmp=" . urlencode($path);
}
$url .= "&guid=ON";
return str_replace("&", "&", $url);
}
?>
<?php
$googleAnalyticsImageUrl = googleAnalyticsGetImageUrl();
print ("<img src=\"$googleAnalyticsImageUrl\" width=\"1\" height=\"1\" alt=\"\" />");
?>


※ga.phpが呼べるようパスを確認しましょう。


最後に</body>前に上記のPHPを呼ぶように以下のコードを設置します。


<!--#include virtual="/ファイル名.php"-->


※保存したパスも確認をしましょう。データ取得まで1日待ちます。取得が可能かと思います。正式版までこちらで対応が可能かと思います。


※PHP4では動作しない模様です。PHP5以上が必須のようです。注意が必要です。

無料のアクセス解析「Google Analytics」携帯サイトのアクセス解析を設置して、1日ではあるけど解析結果がでました。対象は当ブログの携帯サイト。データは2009年10月26日


まずは、ユーザーサマリー。セッション、ユニークユーザー、ページビューと異なって表示されています。サイト滞在時間などもきちんと表示されています。ユーザー環境にキャリアごとに表示されています。


ユーザー サマリー - Google Analytics(携帯)


続いて地図上のデータ。都市がわかれて表示されています。アクセスは関東に集中していることがわかります。


地図上のデータ表示 - Google Analytics(携帯)


最後にキーワード。docomoは今年の春モデルより取得できるようになったとはいえ、以前のモデルからは取得できないので、キーワード数は少なくなる。今までは携帯に対応すらしていなかったので表示されるだけでも全然違います。


キーワード - Google Analytics(携帯)


携帯よりのアクセス解析ではないが、設置方法は比較的簡単なので利用価値は非常に高い。なによりGoogle AnalyticsでPCと携帯両方アクセス解析を行え、管理できるのは非常に良い。十分実用レベルで利用はできる。コンバージョンも取りにくかった状況であったがこれで問題は解決しそう。


正式版が早くダウンロードできるようになるといいですね。

無料のアクセス解析「Google Analytics」に携帯サイトのアクセス解析が可能っていうことで、日本語での提供はまだですが、英語ページにはPHP、Perl、JSP、ASPX、各設置可能なファイルがダウンロードできるっていうことで、PHPにて設置。


きちんと設置ができておらず、取得ができていなく修正、再設置。データ取得まで待機。


Google Analytics Now More Powerful, Flexible And IntelligentのExpanded Mobile Reportingの「download snippet instructions」よりダウンロード。


PHPなら以下の手順でいけます。

・ga.phpをルートディレクトリに設置。


・php1.snippet内にあるコピーし、別名でphpファイルに。ファイルをエディターで開き、GA_ACCOUNTのところを取得している「UA-XXXXXXXXX」を「MO-XXXXXXXXX」に変えて保存。html開始の際に呼ぶようにサンプルではかかれていますが、</body>前に呼ぶようにテスト中。ga.phpが呼べるようパスを確認しましょう。


・以下コードを</body>前に貼り付ける。

<?php
$googleAnalyticsImageUrl = googleAnalyticsGetImageUrl();
?>
<img src="<?= $googleAnalyticsImageUrl ?>" width="1" height="1" />


※画像としてはないため表示として×印がでてしまうので、width="1" と height="1" を指定しました。
※php部分はphp1.snippetに含めてしまいました。テスト中。


SSIでも取得が可能なので、まずはきちんと取得できるまで待機。

Googleは2009年10月20日、無料のアクセス解析「Google Analytics」に多数の機能追加を行ったと発表しました。


主な機能は、目標設定項目の追加、表形式データのフィルタリング機能の強化、複数のカスタム変数の利用と共有、インテリジェントアラート機能・・・。


その中でも目玉といえる機能がそれは、


携帯サイトレポート機能の強化」


キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!


この時を待っていました。近い将来対応はするであろう機能がついに公式対応。


「携帯側でJavaScriptが実行できなくても携帯サイトのトラフィックレポートを得られるようになった。サーバーサイドに短いコードを追加することで実現したもので、PHP、Perl、JSP、ASPXに対応し、数週間のうちに発表される予定。」とのこと。


Google Analyticsで携帯サイトのアクセス解析が可能に。もちろん無料で。
個人や殆どの企業で十分すぎる機能を持つ「Google Analytics」が携帯に対応。


やたらと高い金額、まったくわかりづらく、ワクワクしない解析の表示方法の有料のアクセス解析。ついに開放されるときが来ました。これからは無視できなくなりますよ。


数週間後が非常に楽しみです


参照記事
Analytics 日本版 公式ブログ: Google Analytics 新機能公開のお知らせ

「Google Analytics」に、異変発生を自動通知する新機能 -INTERNET Watch

docomoのCSSのインラインと外部参照について。


i-modeブラウザ2.0によりCSSの外部参照ができるようになったわけですが、ここで落とし穴がありました。i-modeブラウザではインラインのみ対応なので、インラインと外部参照を両方指定すると、i-modeブラウザ2.0では外部参照を優先するようなのです。特に問題があるのは文字指定だけですけど。今のところ。


XHTMLで3キャリアひとつで制作し、CSSもひとつで制作する場合は、docomo i-modeブラウザ、docomo i-modeブラウザ2.0、au、SoftBankと4つあるということを頭に入れて考えなくてはならなくなりました。
※docomo i-modeブラウザのときは外部CSSを同じ位置に置いていてもインラインでしか読めないので外部CSSを無視した形だったので表示上問題はなかった。


制作する上では2通りでなんとかなります。

1. docomo i-modeブラウザ1.0、docomo i-modeブラウザ2.0をインライン、au、SoftBankは外部CSS
※CSSを利用する場所ごとにキャリアの分岐が必要

2. docomo i-modeブラウザ1.0はインライン、docomo i-modeブラウザ2.0、au、SoftBankは外部CSS
※3キャリア互換のCSSが必要(値での指定は互換があるもよう)
※3キャリアごとのCSSを用意していいかも。メンテが・・・。


今後のことを考えると2の方がいいかもしれません。現状は1でも問題はないかも。


きちんとした互換表示を行えているか検証するには4つの携帯で見ないといけなくなりました。外部CSSであれば違いはさほどありませんが、念のため。


困るな~。


特に問題があるのは文字指定だけですけど。今のところ。


それでも困るな~。

PC&モバイル ヤフー!SEO 完全攻略ガイドを購入。

PC&モバイル ヤフー!SEO 完全攻略ガイド


Yahoo!のSEO対策のみに絞った内容で、とても参考になります。
Bingのこともありますが、これについては触れていません。


詳細にひとつずつ丁寧に書かれているので読み応えがあります。


モバイルについては、情報が少ないので助かります。
モバイルの考え方は異なりますが、制作をメインで行っているか、コンサルをメインで行っているかの違いなので特に問題はなかったかな。

CROOZ!はモバイル検索エンジンをやめてしまったの?


今日「CROOZ!」検索を行ったところ、無料ブログ作成ソフト「CROOZ blog」と表示され、検索エンジンは「froute.jpエフルート」を利用していることが表示されています。
昨日までは利用できたと思っていましたが。


「CROOZ!」ロゴも変更されていました。


サイトを見たところやめることは書いておらず、新着情報にて事業移管が行われていることが書かれていたため、検索部門はやめてしまったのかもしれません。ブログ等に力を入れていくことは書かれていました。


やめてしまったのか、休止中なのかはわかりません。

携帯サイト用の無料アクセス解析「うごくひと2」で見る3キャリアごとのモバイル検索エンジン。2009年7月 1ヶ月のデータで3サイトを見てみます。

■当ブログ
当ブログのモバイル検索エンジン


■スポーツ関連サイト
スポーツ関連サイトのモバイル検索エンジン


■情報サイト
情報サイトのモバイル検索エンジン


auはやはりGoogleモバイルが多く、SoftBankもやはりYahoo!モバイルが多い。


docomoが興味深い。標準の検索エンジンはGoogleモバイルなのにYahoo!モバイルからの方が多いように感じる。お気に入りに追加をして利用している人が多いのでしょうか。


複数サイトで検証していますが、同じ結果に。


巷でGoogleモバイルの情報ばかりですが、Yahoo!モバイルも忘れないように。

2009年7月30日にR25式モバイル・L25mobileともにサービスを終了しましたが、Yahoo! Japan内で「mobile R25」を開始しました。


R25内で掲載中のコラムを中心に、Yahoo!サービスを利用できる内容になっているとのこと。


えっ!っていう感じです。
さすがにすべてを終了することはできなかったようです。


携帯サイトはこちらから
→ mobile R25

携帯サイト用の無料アクセス解析「うごくひと2」でdocomoの2009年夏モデルから検索キーワード、検索エンジンが取得できるようになったと管理画面より告知がありました。


これにより一番取得が難しくユーザーが多いdocomoでの解析が手軽に出来るようになりました。


素晴らしい


他のサービスも対応を順次行ってくるとは思いますが、無料でこの対応は今の段階ではとても大きいです。

2009年7月21日、ドコモiメニュー検索「他の検索サイトで探す」を更新。
他の方が更新をまとめ配信していましたが、更新が止まってしまったので変わりにやりまーす。

◇1ページ目
1.Yahoo!モバイル
2.googleモバイル
3.モバゲータウン
4.モバイルgoo
5.ニワンゴ



◇2ページ目
6.froute.jpエフルート
7.ケータイ検索Yicha.jp
8.ケータイlivedoor
9.★ケータイBIGLOBE★
10.Seaftyy シーフティ
11.今泉兄弟のOH!NEW?
12.Bing
13.インフォシーク
14.CROOZ!


2009年7月末でサービスが終了する「R25式モバイル」と「Askモバイル」が外されました。


Bingは現在PCサイトの検索なので携帯サイトの検索とは異なると思うので外した方が良いのではないか。進化をあえてやらなかったSeaftyy シーフティ、今泉兄弟のOH!NEW?、CROOZ!はもう厳しいでしょう。過去のサービス有難う。インフォシークのクローラがやたらと来ます。


検索とは異なるがモバイル版「はてなブックマーク」をランクインしたらどうでしょうか。
Twitterの検索ができるようになったらランクインしたらどうでしょうか。希望です。

Movable Typeで、携帯のユーザーエージェント判定を行痛い場合、小粋空間さんのプラグイン「HTTPUserAgent」を利用することでできます。


2009年5月に公開したプラグインで、このプラグインを待っていたひとは多かったのではないでしょうか。


サイトよりダウンロード、解凍後、pluginsディレクトリにアップロード。


以下のように利用するだけ。


<MTIf tag="HTTPUserAgent" like="DoCoMo">
docomoの内容
<MTElseIf like="KDDI">
auの内容
<MTElseIf like="SoftBank">
SoftBankの内容
<MTElse>
PC、その他
</MTIf>


ブログ記事やウェブページ本文にも利用することは可能。
利用するときは、mteval="1"が必要
・ブログ記事本文:<$MTEntryBody mteval="1"$>
・ウェブページ本文:<$MTPageBody mteval="1"$>


携帯サイトを作成するにはとっても不可欠なユーザーエージェント判定。簡単にできるのはいいですね。


携帯アフィリエイトの広告タグで共通以外で提供している「docomo・au」、「au、SoftBank」などの場合、効果を発揮します。

リクルートは、2009年07月01日に、2009年7月30日 17時に、R25式モバイル・L25mobileともにサービスを終了すると発表していました。


月間のページビューは1億3000万程度と好調だったのに広告主は携帯サイトよりPCサイトで、PCサイトに集中だそうです。時代と逆行している感じがなんともリクルート的で最高です。


無料情報誌「R25」と組み合わせたら携帯の方が向いているように感じますが。
PCサイトに集中ということは、わざわざ情報誌を家に持ち帰ってそのままゴミ箱行きではなく、ゆっくり読み、PCサイトにアクセスする人が多いということなのですね。最高です。携帯世代がターゲットなのに。


「携帯なんかあんな小さい画面で見ないってそれより何があってもPCでしょう。」という絶対的のPC信者の広告主の声が聞こえてきます。それはあなたはね。残念です。クロスメディアは時代遅れのようです。時代はどんなことがあっても何が何でもPCだけでのインターネットらしいです。


リクルートも別にやめる必要はなかったし、譲渡すればすむ話なのに、別に問題があったようにも感じるけど非常に残念です。


さらにAsk.jpのPCの方は2009年6月25日に終了していましたが、携帯のAskモバイルも2009年7月31日に終了すると携帯サイトのトップページにアナウンスされています。こちらはどれくらいページビューがあったのかはわかりません。


ディレクトリ登録サービスの「Jリスティング」の「Jエントリー モバイル」にR25式モバイル、L25mobile、Askモバイルが加入していましたが、3サイト減ることになります。どうするのでしょうか。動向が気になるところです。


サービスを継続していくのは関わっているひとたちは大変かと思いますが、終了というのは非常に残念です。
しかもこれから飛躍的に伸びる可能性があるモバイル市場に。

テレビ出演によるアクセス動向。


時間は深夜枠、非常に限定的。特定のことで紹介。
サイトは紹介サイト。


PCサイトでのページビュー。Google Analyticsでの調査。

PCサイトでのページビュー。Google Analyticsでの調査。

出演した1日のみアクセスが増加。




携帯サイトでのページビュー。うごくひと2での調査。

携帯サイトでのページビュー。うごくひと2での調査。

PCサイトと同様出演した1日のみアクセスが増加。


ポイントはPCサイトではなく、携帯サイト。このサイトはPCサイトの内容を携帯サイトに構築したものなので、同コンテンツが見れる状況にある。


携帯サイトがあることが前提で話をしていますが、携帯サイトがないサイトも多いのが現実。


何が言えるか。
携帯サイトがなければ機会損失をしていたということになる。


PCサイトで十分、携帯サイトなんか見ない、必要ない。と言っているひとに反論をして頂きたい。

費用対効果ばかりに頭がいっていると機会損失をしてしまう。
マーケティングの基本。


まだPCサイトだけで十分だと言えますか?


どこから来たのか。うごくひと2での検索エンジン(6/18~6/19)


うごくひと2での検索エンジン


うごくひと2ではdocomoでの取得は現状できない。
au、SoftBankのみでみるとPCと同じように検索エンジンを利用して来ていることになる。


まだPCサイトだけで十分だと言えますか?
クロスメディアを考えないといけないと思いませんか?

Googeウェブマスターツールで見る携帯サイトの外部リンクのあるページ。
とある携帯サイトで見てみます。


Googeウェブマスターツールで見る携帯サイトの外部リンクのあるページ


以下の登録サイトは今のところ有効みたいですね。
・Yahoo!モバイルカテゴリ
・クロスレコメンドモバイル
 「モバイルgoo」「exciteモバイル」「ocnモバイル」など。
・Jエントリーモバイル
 「ケータイlivedoor」「ケータイ@nifty」「R25モバイル」など。

※エフルートにも登録していますが、Googeウェブマスターツールでは認識されていないようです。

モバイルSEO 勝者のバイブルを購入。


モバイルSEO 勝者のバイブル


著者はユナイテッドリンクス社長の原田翔太氏。


非常にわかりやすく解説しています。


検索キーワードからわかる「携帯神話」のウソというのは面白い。思い込みが間違っていることがわかります。


携帯ならではのキーワードを具体的に例に挙げて説明をしているのでモバイルユーザーの特性をつかむことができるでしょう。


IPアドレス分散のことも説明しています。現在はPCでの対応ということで近い将来あるでしょう。という予測。モバイルできちんとこの部分を触れたのは今の時点ではこの参考書のみです。


最後はQ&A方式で書いてあるので最後まで読みきれるでしょう。


モバイルSEO&SEMの教科書と合わせて読むと現時点では十分理解、対応ができるでしょう。


Googleモバイルサイトマップへの登録が一部異なっているので気をつけて欲しい。発売されたのは一番新しいのに情報が古いのはちょっとね。いつの時点の内容なのか明記すべきだと思っています。Googleからの情報は特に。その方がその本の信頼度が増すのにな。

プロフィール

Kamitani79
ニックネーム : Kamitani79
映画鑑賞、音楽、写真、ゲーム。地元・横浜をこよなく愛する( `・∀・´)ノヨロシク
自己紹介 :
このエントリーをはてなブックマークに追加

携帯サイト

つながり

  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ
  • あわせて読みたいブログパーツ
  • フィードメーター - Kamitani79-メロンとバナナとブログ
  • SEO
    loading
Creative Commons License
このブログのライセンスは クリエイティブ・コモンズライセンス.
Powered by Movable Type 6.2.4

最近のアクション

人気のエントリー

最近の写真・画像

空の写真

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from Kamitani79. Make your own badge here.

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち携帯カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはSEOです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。